挨拶・弁護士紹介

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所神戸支部のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所神戸支部は、兵庫県神戸市にある刑事事件・少年事件の当事者の弁護活動のみを取り扱う法律事務所です。
当法律事務所には、刑事事件・少年事件について高度な専門性と豊富な経験を有する弁護士が多数在籍しております。

このたび、神戸市を中心とした兵庫県一円の刑事事件・少年事件でお困りの方にお力添えすべく、神戸支部を開設する運びとなりました。

神戸支部におきましても、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の方針は変わらず、依頼者様が望まれる結果へとつながるよう最大限の努力をして、真の事件解決へとつながる弁護活動を行ってまいります。

刑事事件・少年事件で捜査の対象となり、逮捕されてしまった場合、その後の手続きは着々と進んでいきます。
この間に適切な防御活動を行わず、知らず知らずのうちに手続きが進行して気付いた時には取り返しのつかない事態となっていた、ということは避けなければなりません。

刑事手続・少年事件手続きについて十分な理解をされている方は少ないと思います。
突然ご家族が逮捕されてしまったような場合、逮捕された方やそのご家族は、今後どうなるのか非常に不安な気持ちになられることでしょう。

当事務所では、そういった方に真摯に寄り添い、依頼者様の言い分に傾聴し、最良の弁護活動ができるようスタッフ一同、日々研鑚を積んでおります。

犯罪は決して許される行為ではありません。誰もがそう思うことでしょう。
それでも事件を起こし、罪に問われる方は、決して少なくありません。
そのような方は、社会的にも強い非難の目を向けられています。なぜ、犯罪者の弁護をするのか、とお思いの方もたくさんいらっしゃるかもしれません。

ですが、刑事手続きは、国家による強制的な罰を与える手続きであり、多分に人権侵害を伴います。
ですから、決して間違いがあってはなりませんし、どんなに疑わしくとも裁判で結果が出るまでは犯罪者であると決めつけてはなりません。

そして、刑事事件・少年事件は、民事事件と異なり、犯罪の嫌疑をかけられた方が相対するのは、警察や検察といった国家権力を司る捜査機関です。
公平・公正な裁判を実現するためには、犯罪の嫌疑に欠けられている方に十分な防御活動を行う機会を与えなければならないのです。

人は、人であるからこそ過ちを犯すことがあります。だからといって、全てを水に流すということはできないかもしれません。
それでも、多くの非難が浴びせられる刑事事件や少年事件の当事者・加害者に目を向け、防御の権利を十分に行使できるよう適切な弁護活動を提供したいと考えています。

また、一口に刑事事件・少年事件と言っても、事件によって事情は様々です。

私どもが数多くの刑事事件を扱ってきた中で、真に根っからの極悪人という方は極めて少なく、一般市民の方が様々な背景事情の中で、犯罪を起こしてしまったという場合がほとんどなのです。

私ども弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、そのような刑事事件の当事者となられた方やそのご家族に対して、今後の生活や人生の一助となれるよう惜しみない力を注ぎます。

あらゆる刑事事件・少年事件と正面から向き合い、適切な弁護活動をスピーディに提供することを心掛け、あなたやご家族の権利や生活を守るために、全力で取り組むことをお約束いたします。

あいち刑事事件総合法律事務所 代表弁護士 則竹理宇

 

 代表弁護士 則竹 理宇(のりたけ りう)

弁護士会  第二東京弁護士会
所属   刑事弁護委員会、刑事弁護フォーラム
出身   千葉県
経歴   青山学院大学 卒業
 日本大学法科大学院 修了
趣味   サイクリング、落語、読書
座右の銘   Cool Head, but Warm Heart

 

【略歴】 

私は、千葉県で生まれ育ちました。青山学院大学で英米文学を専攻し、文学を通じて人と人とが密接に関わる仕事に興味を持ち、弁護士という資格に魅了されました。

一から法律の勉強を重ね、日本大学法科大学院に進学し、司法試験に合格。司法試験合格後、刑事事件を専門に扱う法律事務所に入所し、刑事事件、少年事件のみを取り扱ってきました。入所後まもなくして任された強姦事件では、ご依頼者の方が逮捕され、そのままでは会社をクビになって刑務所に入らなければならなくなる可能性が極めて高い緊迫した事件でした。私は、すぐに被害者の方のもとへ示談交渉に行き、何度も交渉を繰り返した末、示談を成立させることができました。結果、ご依頼者の方は留置場から釈放され、会社をクビにならずに社会復帰を果たすことができました。そこから本日まで数えきれないほどの刑事事件・少年事件を扱ってきました。

手がけた案件は、痴漢や盗撮や強姦などの性犯罪事件が多く、その他、飲酒運転や交通事故などの自動車事件、覚せい剤や大麻などの薬物事件、暴行や傷害などの暴力事件、詐欺や窃盗などの財産事件など多岐にわたります。また、裁判員裁判事件もいくつか手がけました。日本の裁判員裁判事件では、一般的に執行猶予判決を獲得するのはかなり困難といわれていますが、無事執行猶予を獲得することができ、ご依頼者の方は社会復帰されました。

得意分野は、「刑事事件ならどんな案件でも!」、という意気込みで弁護をしています。趣味は、読書と、映画やDVD鑑賞です。法廷ものやサスペンスが特に好きです。また、散歩によく出かけます。裁判前は散歩をしながら弁論の構成を考えたりします。頭がリフレッシュされていい考えが浮かんだりします。「勝訴の秘訣」とまでは言いすぎですが、私の一日で一番好きな時間かもしれません。座右の銘はイギリスの経済学者アルフレッド・マーシャルの言った「Cool Head, but Warm Heart」です。

 

弁護士 呉 孝男(お ひょなん)

弁護士会 兵庫県弁護士会
所属 なし
出身 神戸市
経歴 関西大学工学部 卒業
関西大学法科大学院 修了
趣味 サッカー、冒険系の山登り、料理
座右の銘 泰然自若

 

略歴

弁護士 呉 孝男私の学生時代は、幼少期から大学卒業までサッカーに明け暮れる日々でした。卒業後は、学習塾の先生や料理の世界で働いていました。このように法律とは無縁の世界で生きてきた私ですが、ある日、友人に誘われ裁判の傍聴に行き弁護士に憧れたのがきっかけで、自分も目指すようになりました。

刑事裁判というのは、過去に起こった出来事を事後的に検証し、どういう事実があったのかを認定し、罪を確定し、裁いていくというものです。そしてその作業を行うのは人間であり、過去の事実を100%忠実に事実認定することなど、おそらくはできません。過去の事実を証拠から認定する場合、その証拠から考えられる可能性を徹底的に争ってこそ、少しでも真実に近づけるはずです。しかし、私が研修中に見た裁判員裁判は、証拠から起こりうる事実の可能性を、徹底的に争ったかどうか疑問の残るものであり、この事件はその後も私の心に残りました。争うからには徹底的にやらないと真実は見えてきません。また、刑事裁判は関わった人の人生を大きく左右するものです。裁判においてあらゆる可能性を考慮し、適正な刑事裁判の実現のため、刑事弁護士となる決意をしました。

 

弁護士 金山 明頼(かなやま あきら)

弁護士会 兵庫県弁護士会
所属 刑事弁護委員会・刑事弁護フォーラム
出身 兵庫県
経歴 京都大学法学部卒業
同大学院法曹養成専攻 修了
趣味 野球観戦、旅行
座右の銘 千里の道も一歩から

 

略歴

弁護士 金山明頼兵庫県神戸市で生まれ、高校卒業まで神戸で育ちました。
その後、大学・大学院・司法修習時代を京都で過ごし、法律を学びました。

法律学を学び始めた当初から、刑法や刑事訴訟法といった、刑事に関する法律に興味を持ちました。刑事手続きでは、何が犯罪になるかや、どのように手続を進めていくかといった点に、厳密さが要求されています。この緻密な手続きの現場に携わりたく、法律家を志しました。

刑事事件・少年事件においては、どうしても捜査機関主導で手続きが進行していきます。その中で、被疑者や被告人の方の意見が十分に反映されるとは限りません。私は、弁護士として、被疑者・被告人の方の声が届き、納得できるような活動を行っていきたいと考えています。

刑事事件・少年事件では、短い期間の間に処分まで一気に進行してしまうこともあります。時間勝負の側面も多く、大変な点も多くあります。しかし、限られた時間の中で、足を使って即行動を信条として、頑張っていきたいと考えています。

 

弁護士 杉野 高正(すぎの たかまさ)

弁護士会 兵庫県弁護士会
所属 刑事弁護委員会
出身 大阪府
経歴 大阪市立大学 卒業
関西学院大学法科大学院 修了
趣味 料理、読書、映画・音楽鑑賞、日本酒
座右の銘 虚心坦懐

 

略歴

弁護士 杉野 高正私は、大阪市立大学を卒業し、関西学院大学法科大学院を経て弁護士となりました。

大学では、経済学部に在籍しておりましたが、偶然履修した法哲学の講義をきっかけに法律家という職業に関心を持つようになりました。一念発起してロースクールに進学した後、ロースクールや司法修習で実務を学ぶにつれ、刑事事件への関心が強くなっていきました。

犯罪は、須らく憎むべき行為です。一方で、罪を犯すのは人間です。「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があるように、事件を起こした人にも様々な事情があり、ひとくくりにしてただ罰を与えればよいというものではありません。人は過ちを犯してしまう生き物です。だからと言って、犯した罪を全て水に流すことはできないかもしれません。しかし、私は、事件を起こしてしまった「人」に着目して、その「人」が同じ過ちを繰り返さないよう力になりたいと思っています。

刑事弁護をやるからには、徹底的に結果を追い求めるとともに、依頼者に納得していただける解決にこだわりたいと考えています。刑事事件と一口に言っても、事件が起きた背景や経緯は、千差万別です。依頼者を置き去りにすることなく、どのように事件と向き合っていくか、依頼者とともに悩み考えながら最善の弁護活動を模索していくという姿勢を大切にしています。

 

弁護士 前田 真一(まえだ しんいち)

弁護士会 兵庫県弁護士会
所属  なし
出身  大阪市 
経歴 京都大学法学部 卒業
広島大学法科大学院 修了
趣味  ギター・音楽鑑賞(ヘヴィメタル)、カラオケ、読書、焼酎 
座右の銘  初心忘れるべからず 

 

略歴

弁護士 前田 真一私は、大阪市で生まれ、兵庫県川西市で育ちました。
私が法律家を目指した理由は、人の人生がかかった重大な問題に関わるという、やりがいのある仕事をしたかったからです。そのような思いで、京都大学法学部、広島大学法科大学院と進学し、司法試験に合格して司法修習を終了しました。

私は、刑事事件には大きいも小さいもなく、全ての事件がその人の人生を左右しかねない重大な問題を孕んでいると考えています。重い処罰が見込まれる事件はもちろんのことですが、たとえそうでない事件であっても、捜査対象となることや前科がつくことなどにより、その人の人生を大きく左右してしまうのはよくあることです。したがって、私は、どんな刑事事件・少年事件であっても、依頼者の人生がかかっているということを肝に銘じて弁護活動をしております。

そして、そのように重大な問題だからこそ、自分が弁護士として依頼者のために何ができるのか、思いつく限り考え、行動に移すようにしています。依頼者のためにできることは、その事件その事件で様々であり、弁護活動の内容には無数の可能性があります。刑事弁護に決まった型はありません。事件に応じて、依頼者にとって最適な弁護活動を選択できるように、まずは、自由な発想で依頼者のために何ができるのかを考えるよう心掛けています。

 

お問い合わせ・無料相談

ページの上部へ戻る