Archive for the ‘お客様の声’ Category

【お客様の声】兵庫県内の傷害事件 示談交渉・情状弁護で執行猶予付き判決を獲得

2017-07-06

【お客様の声】兵庫県内の傷害事件 示談交渉・情状弁護で執行猶予付き判決を獲得

■事件概要
 ご依頼者様(60代、無職、前科前歴等あり)が、海上で釣りをしている際に漁師と口論になり、アルミ製のボートフックで相手の腕を殴った結果、粉砕骨折で全治3か月の傷害を負わせた事件。

■事件経過と弁護活動
 ご依頼者様が、当事務所に相談にいらっしゃった時には、既に傷害事件で起訴されることが決まっていました。ご依頼者様は、公判に向けて被害者の方と示談を成立させたいと思い、来所されました。担当弁護士は、ご依頼者様から事件の詳細や事件後の検察からの取調べ内容などを伺ったうえで、公判に向けた弁護活動や被害者の方との示談交渉について丁寧に説明しました。起訴を受けて不安な気持ちでいっぱいだったご依頼者様は、刑事弁護に経験豊富な弁護士の相談対応に信頼の念を置いてくださり、本事件における刑事弁護活動を正式に依頼されました。
 依頼後、担当弁護士は直ちに公判に向けて被告人であるご依頼者様に有利な証拠の収集すべく活動を開始しました。具体的には、ご依頼者様自身も被害者の方とのもみ合いの末怪我をしていた事実やご依頼者様が自身の行為を大変反省していらっしゃることを示す証拠を作成・収集しました。そして、被害者の方との示談交渉では、被害者の方は今回の事件において弁護士を選任しておられたので、弁護士を介して行うこととなりました。利き手の粉砕骨折により長期間の休業を強いられた被害者の方のお怒りの気持ちが想像できましたので、当初より示談交渉が一筋縄ではいかないことが予想されました。しかし、ご依頼者様からの謝罪文を提示するなど、ご依頼者様が真摯に反省し、被害者の方に対する真の謝罪を行う意思があることを伝え、粘り強く示談を受けていただけるよう交渉しました。その結果、被害弁償・示談を受けてくださることになり、結審前に裁判所に示談成立の報告をすることに成功しました。
 公判では、被害者の方が被害者参加制度を利用して参加されておられたので、弁護士は被害者の方の心情に配慮しつつ、被告人であるご依頼者様に有利な証拠を提示し、裁判官の心証形成に働きかけるよう努めました。
 このような弁護活動により、本事件は執行猶予付き判決をもって終了することとなりました。ご依頼者様は、実刑を回避することが出来とても喜んでおられました。

【お客様の声】兵庫県内の傷害事件 早期の示談締結で事件化阻止に成功

2017-07-05

【お客様の声】兵庫県内の傷害事件 早期の示談締結で事件化阻止に成功

■事件概要
 ご依頼者様の娘様(10代、高校生、前科前歴等なし)が、母親の同棲相手である男性に対して暴力を振るい怪我をさせたとされる事件。

■事件経過と弁護活動
 ご依頼者様の娘様は、離婚して別居している母親の元へ遊びに行った際、母親の同居人である男性と口論になり、男性からの挑発を受け、複数回殴ってしまいました。その後、男性から被害届を出すなどと言われ、どうすればよいのか分からず困ったご依頼者様は、警察に相談に行かれました。その際、同居男性が過去に母親に暴力を振るっていた疑いがあることを話したため、その事実を受けた警察は、DV事件として男性に対して捜査を開始しましたが、警察に相談し、自身にDV容疑がかけられ始めたことに腹をたてた男性は、ご依頼者様に対して、娘様の暴行の件をなかったことにする代わりに高額な示談金を要求し始めました。娘様のことを考えると、今回のことを事件化したくないご依頼者様は、示談に応じるつもりでいらっしゃいましたが、高額な示談金や男性の態度に困惑され、当事務所に対応方法について相談しに来られました。
 法律相談では、担当弁護士が、ご依頼者様から事件経過や事件について詳細に伺ったうえで、今回の事件では相手方からの金銭要求をそのまま受け入れる必要はなく、こちらから恐喝あるいは脅迫事件として男性に対する被害届の提出や告訴をすることも可能であること、そのうえで交渉を進める方法も考えられる旨をお伝えしました。しかし、娘様のことを考えると、どうしても事件化を避けることを希望されたご依頼者様は、男性との示談を成立させてほしいと当事務所の弁護士に正式に弁護活動を依頼されました。
 依頼を受けた弁護士は、早速男性との示談交渉を開始しました。示談交渉では、娘様が男性に暴力を振るったことに対して謝罪・反省している旨を伝えたうえで、適正な示談金額で対応いただくよう毅然とした態度で説得的に説明しました。交渉のプロである弁護士を前に、男性は以前に様に高額な示談金を要求することなく、担当弁護士は円満に示談を締結することが出来ました。
 示談成立により、無事本事件は事件化されることなく終了しました。ご依頼者様は、娘様が刑事事件に巻き込まれることなく元の生活に戻れることに一安心されたご様子でした。

【お客様の声】愛知県内の準強制わいせつ事件 粘り強い示談交渉で示談成立・事件化を阻止

2017-07-04

【お客様の声】愛知県内の準強制わいせつ事件 粘り強い示談交渉で示談成立・事件化を阻止

■事件概要
 ご依頼者様(40代、会社員、前科前歴等なし)が、ネットで知り合った女性に対し、アロママッサージを無料で施術したところ、その際に女性の胸を合意なく触ったとして、女性から被害届を提出すると言われた事件。

■事件経過と弁護活動
 ご依頼者様は、合意の上で、マッサージの一環として女性の胸を触ったとの認識をお持ちでしたが、女性からは、合意はなく卑猥な行為をされたので、警察に相談しているとの連絡を受けておられました。女性からの連絡を受け驚かれたご依頼者様は、どのように対処すればよいか分からず不安になり、当事務所の弁護士に相談に来られました。
 無料法律相談では、ご依頼者様から事件の詳細や事件後の女性とのやり取りを伺ったうえで、担当弁護士は女性が被害届を提出した場合の具体的な刑事手続きの流れを説明しました。そして、何とかして事件化を避けたいと考えておられたご依頼者様に対して、担当弁護士は被害者である女性と示談交渉を行い、示談を成立させ被害届の提出を回避することを提案しました。事件後、女性との話し合いが行き詰っていたご依頼者様は、本件における刑事弁護活動を担当弁護士に正式に依頼されました。
 依頼を受けた弁護士は、直ちに被害者である女性との示談交渉を開始しました。女性は、ご依頼者様に対し、かなりお怒りのご様子で、示談交渉は難航することが予想されました。しかし、弁護士は粘り強く女性との示談交渉を続け、ご依頼者様が今回の事件について真摯に反省されており、女性に対しても謝罪する意思があることをお伝えしたうえで、被害弁償を支払う用意もあること、そして示談について丁寧に説明しました。示談交渉を何度も重ねた結果、担当弁護士は被害女性と示談を成立させることが出来ました。
 女性との示談成立により、ご依頼者様は大変心配されておられた事件化を回避することが出来、安心して普段通りの生活に戻っておられます。

【お客様の声】兵庫県内の暴行事件で逮捕 情状弁護で執行猶予付き判決を獲得

2017-07-03

【お客様の声】兵庫県内の暴行事件で逮捕 情状弁護で執行猶予付き判決を獲得

■事件概要
 ご依頼者様の弟様(40代、会社員、前科前歴等なし)が、当時の妻に対して夫婦喧嘩の末、妻の胸倉を掴んで押し倒したとして暴行容疑で逮捕された事件。

■事件経過と弁護活動
 ご依頼者様は、事件後に逮捕・勾留されてから、お母様より弟様が夫婦間トラブルにより逮捕されている事実を聞かれました。すぐに警察に連絡を入れ、事実確認をされたご依頼者様は、どのように対処すればよいか分からず、当事務所の弁護士に初回接見を依頼されました。
 すぐに接見に向かった弁護士は、被疑者である弟様から事件の詳細について伺い、今後の手続きの流れを丁寧に説明し、今後の取調べ対応についてアドバイスをしました。接見後の接見報告では、事件の詳細や今後の手続きの流れについてご依頼者様に説明するとともに、担当弁護士は今回の事件における具体的な刑事弁護活動を提案しました。担当弁護士の報告を受け、ご依頼者様は本事件における刑事弁護活動を正式に依頼されました。
 本事件は、被害者が被疑者の妻であることから、接触可能性が高いと判断され、身柄解放活動は困難を極めました。しかし、逃亡や罪証隠滅のおそれがないことを説得的に繰り返し主張するなど、粘り強い弁護活動により、起訴後すぐに弟様は保釈されることになりました。
 裁判では、被告人であるご依頼者様の弟様が被害者である元妻に対して謝罪の意思があること、受け入れられなかったものの被害弁償の申し出を行なったこと、既に被害者である元妻と離婚が成立したうえで離婚後の問題解決に向けて仲介者を介して話し合いをする予定であること、ご依頼者様が息子様の監督を行う誓約をしていることなど、弟様にとって有利な事情を裁判官に主張しました。
 このような弁護活動により、本事件は執行猶予付き判決の言い渡しによって終了することとなりました。これにより、弟様は実刑を回避することが出来、安心して新たな生活を始められました。

【お客様の声】兵庫県内の窃盗、住居侵入、強姦、強盗、強制わいせつ事件で逮捕 被害弁償や示談締結で減刑

2017-07-02

【お客様の声】兵庫県内の窃盗、住居侵入、強姦、強盗、強制わいせつ事件で逮捕 被害弁償や示談締結で減刑

■事件概要
 ご依頼者様の息子様(30代男性、無職、前科前歴なし)が、下着を盗んだとして住居侵入・窃盗の容疑で逮捕された事件。後に、強姦、強盗、強制わいせつの容疑で追起訴されました。

■事件経過と弁護活動
 ご依頼者様から初回接見を依頼された時点では、ご依頼者様の息子様は住居侵入・窃盗の容疑で起訴されていました。国選弁護人が選任されており、余罪で再逮捕や追起訴の予定があるということでした。ご依頼者様は、保釈も望まれているようでしたが、余罪の件で再逮捕などが考えられることから、厳しい見通しであったところ、国選弁護人との意思疎通がうまくできていないことから心配になり、当事務所に法律相談の連絡されました。担当弁護士から、事件の詳細や余罪について把握するためには弁護士が直接本人と会って話をしたほうが良い旨をお伝えしたところ、後日改めて依頼者から初回接見依頼のお電話を頂きました。
 当事務所の弁護士は、すぐ留置先に赴き、息子様本人から事件の詳細や余罪について聞き出したうえで、今後の流れを丁寧に説明しました。ご依頼者様が事件の詳細を把握できていなかったのは、事件の性質上息子様本人が、余罪について立件されるまでは、報告しないでもらいたい旨の希望があったからでした。担当弁護士は、息子様の心情に配慮しながらも、必要な部分は、報告することを説得した上、ご依頼者様や本人様と相談の上、量刑上最も効果的に考慮されるように示談に動くことにしました。本件は、余罪多数で、最初に住居侵入・窃盗の容疑で起訴された後、強姦、強盗、強制わいせつを含めた他4件で追起訴されました。他にも余罪があったため、ご依頼者様の金銭面も考慮して、重大な事件の被害者様に対する被害弁償と示談交渉に的を絞った活動を行いました。本件は、強姦や強盗を含む大きな事件でしたので、非常に重い刑罰が予想されました。しかし、担当弁護士が被害者様との被害弁償や示談を成立させたことにより、結果として検察官による求刑よりも大幅に減刑することが出来ました。

【お客様の声】兵庫県内の盗撮事件で逮捕 迅速な被害者対応で不起訴処分を獲得

2017-07-01

【お客様の声】兵庫県内の盗撮事件で逮捕 迅速な被害者対応で不起訴処分を獲得

■事件概要
 ご依頼者様も(20代、会社員、前科前歴等なし)が、ゲームセンターにおいて女性店員のスカートの中をスマートフォンを使用して盗撮したとして逮捕された事件。

■事件経過と弁護活動
 店員の通報を受け駆け付けた警察官に連行されたご依頼者様は、その後、通常逮捕されましたが、翌日勾留請求が却下され即日釈放となりました。釈放されたご依頼者様は、今後の流れや予見される処分について不安になり、当事務所の無料法律相談に来られました。法律相談では、担当弁護士がご依頼者様から事件の詳細や余罪について伺い、今後の刑事手続きの流れや、警察・検察からの取調べへの対応方法、想定される弁護活動の具体例などを丁寧に説明しました。そして、担当弁護士が、被害女性との間の示談成立が、最終的な処分の決定において一番重要な要素であることを伝えたところ、ご依頼者様も示談成立の重要性をご理解され、法律相談後に本件における刑事弁護活動を担当弁護士に依頼されました。
 契約後、すぐに被害者様と連絡を取ろうと試みましたが、被害者様のご両親は今回の事件に困惑されているご様子で、当初はお会いすることすらできず、示談交渉は難航しました。しかし、1週間ほど経ち、被害者様が弁護士となら交渉してもよいとお考えになられ、担当弁護士は被害者様とお会いすることができました。担当弁護士は、示談について丁寧に説明し、ご依頼者様が大変反省なさっており謝罪・被害弁償を行う意思があること、被害現場には今後一切近づかない、盗撮データを完全に消去することを誓約をする旨をお伝えし、粘り強く交渉を行いました。その結果、被害者様の御両親とご依頼者様との間で、本件につき示談を成立させることが出来ました。
 また、担当弁護士は、ご依頼者様が取調べを受ける前日には、ご依頼者様と綿密な打ち合わせを行い、ご依頼者様が不利になるような調書を取られないよう適切なアドバイスを行いました。
 担当検察官は、本件における取調べの結果と示談の結果を踏まえ、本件を不起訴処分として終了させることにしました。ご依頼者様は不起訴処分によって、前科が付くこともなく、以前と変わらぬ生活を送っていらっしゃいます。

【お客様の声】兵庫県内の暴行事件 冤罪の事実を証明し、嫌疑不十分で不起訴処分を獲得

2017-06-30

【お客様の声】兵庫県内の暴行事件 冤罪の事実を証明し、嫌疑不十分で不起訴処分を獲得

■事件概要
 ご依頼者様(40代、建築関係、前科前歴等なし)が、仕事で被害者とされる女性宅を訪れた際に、背後から抱きついたとして同女性から被害届が提出された事件。

■事件経過と弁護活動
 ご依頼者様は、被害者とされる女性宅に内装工事をするために同女性宅を訪問されました。しかし、後日、いきなり女性から、ご依頼者様が工事に訪問していた際に同女性に背後から抱き着いたと、電話口で荒々しい口調で問いただされ、警察に被害届を出すと言われました。全く身に覚えのない疑いをかけられたご依頼者様は、毅然した態度で同女性に対応し、そのようなことをしていない旨をはっきりと伝えられました。それからしばらくして、警察からご依頼者様のもとに、女性が被害届を出した旨の連絡が来て、本件について取調べを受けることになりました。ご依頼者様は、警察での取調べを受けられましたが、身に覚えのない容疑について、警察が最初からご依頼者様を犯人と認識した態度でいることにご不満を抱き、冤罪を証明してほしいと思われ、当事務所の法律相談にいらっしゃいました。
 法律相談では、ご依頼者様から経緯の詳細や被害者とされる女性について伺ったうえで、担当弁護士は今後の流れや弁護方針について丁寧に説明しました。冤罪をかけられ不安な気持ちでいらっしゃったご依頼者様は、担当弁護士に本事件における刑事弁護活動を依頼されました。
 依頼後、担当弁護士はご依頼者様に対して警察での取調べ対応について適切なアドバイスをし、ご依頼者様にとって不利な供述がとられないように努めました。また、ご依頼者様から更に事件前後のご依頼者様や女性の行動や様子について細かく伺い、被害者とされる女性の供述の信用性が低いことを指摘し、ご依頼者様は嫌疑なしまたは嫌疑不十分で不起訴処分とされるべきだと、担当検事に対して意見書を提出しました。
 その結果、検事は本事件を嫌疑不十分で不起訴処分として終了させました。これを受けて、ご依頼者様は安堵のご様子で、いつも通りの生活に戻っていかれました。突然、まったく身に覚えのない容疑で刑事事件に巻き込まれ、大変困憊なさられたご依頼者様ですが、担当弁護士の迅速かつ適切な弁護活動により無事に不起訴処分となり安心したご様子でした。

【お客様の声】兵庫県内の窃盗事件 被害届取り下げに成功し不起訴処分を獲得

2017-06-29

【お客様の声】兵庫県内の窃盗事件 被害届取り下げに成功し不起訴処分を獲得

■事件概要
 ご依頼者様の奥様(40代、病院職員、前科前歴等なし)が、銀行のATMに置き忘れられた現金を盗んだ事件。

■事件経過と弁護活動
 事件から2か月後に警察から連絡があり、ご依頼者様の奥様は警察署での取調べを受けておられました。取調べでは、大事には至らないと警察から言われていたのですが、奥様自身が事件当時の記憶が曖昧で、話が合わないことを警察から指摘され、今後どうなるのか不安に思い、ご依頼者様と奥様ご一緒に当事務所の法律相談にいらっしゃいました。法律相談では、奥様から事件や取調べ内容についてお話を伺い、銀行から被害届が出されていることが分かりました。ご依頼者様は、今後の刑事手続きの流れや、被害者である銀行に対する被害弁償の方法について相談されました。担当弁護士は、示談の内容や効果、相手方が銀行である場合の留意点をご依頼者様と奥様に丁寧に説明し、被害届取り下げに向けて動くことが最善策であることを提案しました。担当弁護士の対応を評価してくださったご依頼者様は、法律相談後に本事件における刑事弁護活動を正式に当事務所の弁護士に依頼されました。
 依頼後、担当弁護士は被害銀行と連絡をとり、示談交渉を開始しました。被害銀行としては、被疑者であるご依頼者様の奥さまからの謝罪や示談は受けることが出来ないという回答でした。しかし、弁護士の粘り強い交渉で、被害弁償をすれば被害銀行が被害届の取下げに応じてくれることになりました。また、担当弁護士は、奥様と綿密に取調べ前の打ち合わせを行い、取調べ対応について適切なアドバイスをし、奥様に不利となるような取調べ調書を作成させないよう努めました。
 このような弁護活動により、ご依頼者様の奥様は本事件を不起訴処分として終了することが出来ました。ご依頼者様も奥様も、不起訴処分を受け、安心して元の生活に戻っておられます。

【お客様の声】兵庫県内の盗撮事件 勾留に代わる観護措置を阻止し早期釈放・不処分獲得

2017-06-28

【お客様の声】兵庫県内の盗撮事件 勾留に代わる観護措置を阻止し早期釈放・不処分獲得

■事件概要
 ご依頼者様の息子様(10代、高校生、前科前歴等なし)が、下校途中の駅構内で女性のスカート内をスマートフォンを使用し盗撮したとして現行犯逮捕された事件。

■事件経過と弁護活動
 ご依頼者様は、警察から電話で事件について連絡を受け、非常に驚かれたようでした。警察からすぐに会うことは出来ないと言われたご依頼者様は、息子様のことが心配でたまらず、代わりに接見に行ってくれる弁護士を探していらっしゃいました。接見依頼を受けた当事務所の弁護士は、直ぐに息子様に接見し、事件の詳細について聞きました。息子様は自身の軽率な行為について猛烈に反省しておられました。同種の余罪が多数あったため、逮捕時は当日釈放の予定だったそうですが、余罪捜査のため釈放が見送られていました。弁護士は、息子様に対して、今後の流れや取調べ対応についてアドバイスを行うなど、少しでも息子様が安心できるように努めました。
 ご依頼者様への接見報告後、担当弁護士を弁護人として選任していただきました。ご依頼者様は、息子様が長期の身柄拘束により、学校を退学になってしまうのではないかと大変心配していらっしゃいました。依頼を受けた弁護士は、すぐに担当検察官に連絡したところ、勾留に代わる観護措置を請求する予定であることが分かりました。勾留に代わる観護措置がとられれば、その満期に家庭裁判所に送致されると当然少年鑑別所収容の観護措置とみなされ、見込まれる身体拘束期間が勾留に代わる観護措置決定から1か月強となることが想定されるため、早期に復学するためには何としてでも勾留に代わる観護措置を阻止する必要がありました。弁護士は、直ちに検察官に勾留に代わる観護措置を請求しないよう意見書を提出した上で面談をして、身体拘束の理由や必要性がないことを説得的に主張しました。その結果、検察官は請求の予定を覆し、即日息子様は釈放されました。
 釈放後には、弁護士は、ご依頼者様や息子様との連絡はもとより、息子様が通う学校の先生やカウンセリングの先生とも密に連絡を取り合い、息子様の更正に向けた環境調整に積極的に取り組みました。また、その経過報告を担当調査官に随時報告する等、弁護士は、家庭裁判所側に環境調整が十分に行われていることを処分決定に当たって考慮してもらうべく付添人として活動しました。
 このような活動により、審判では不処分として本件保護事件を終了することとなりました。ご依頼者様の息子様は、早期の身柄解放により、長期間学校を欠席することなく復学し、夢に向かって希望大学に進学できるよう日々勉学に励まれておられます。

【お客様の声】兵庫県内の盗撮事件 速やかな被害者対応で不起訴処分へ

2017-06-27

【お客様の声】兵庫県内の盗撮事件 速やかな被害者対応で不起訴処分へ

■事件概要
 ご依頼者様(40代、会社員、前科前歴等なし)が、居酒屋の女性店員のスカートの中をスマートフォンを使って盗撮した事件。

■事件経過と弁護活動
 ご依頼者様は、事件現場で盗撮行為が発覚し、店側からデータを削除するように言われ削除されていました。ご依頼者様名義のクレジットカードで支払いを済ませたため、身元が判明し、警察から呼び出しを受けておられました。呼び出しの連絡を受けて心配になったご依頼者様は、警察への出頭前に、取調べ対応について当事務所の弁護士に相談されました。法律相談では、担当弁護士が、ご依頼者様から事件について詳しく伺ったうえで、今後の手続きの流れや取調べ対応に関してアドバイスを致しました。また、被害者様に対する被害弁償や示談の結果により最終的な刑事処分の如何に影響する可能性についても丁寧にご依頼者様に説明しました。事件を穏便に解決することを希望されておられたご依頼者様は、当事務所の弁護士に本事件における刑事弁護活動を依頼されました。
 依頼後、担当弁護士は、速やかに被害者様との示談交渉に着手しました。まず、ご依頼者様の謝罪・反省の意を被害者様にしっかりとお伝えするために、弁護士はご依頼者様に対して謝罪文の作成を提案しました。被害者様に対しては、代理人であるお母様を通じて、ご依頼者様が大変反省しておられ、謝罪と被害弁償を行う意思があること、盗撮データの破棄や事件現場である居酒屋には一切近づかない誓約をお伝えしたうえで、示談に応じていただけるよう弁護士は丁重に交渉しました。その結果、被害者様との示談が成立し、当事者間では本件が解決することが出来ました。
 また、担当弁護士は、ご依頼者様が取り調べを受けるごとに、事前に取調べ対応に関する適切なアドバイスを行い、ご依頼者様の不安を取り除くよう努めました。迅速かつ適切な弁護活動を行うため、担当警察官や検察官とも綿密に連絡を取り、捜査の所在を確認しました。
 このような弁護活動により、本事件は不起訴処分で終了することとなりました。ご依頼者様は、今回の事件で自身の過ちを大変反省され、二度と同じ過ちを繰り返さないことを誓われ、元の生活に戻られています。

« Older Entries