兵庫県相生市の大麻取締法違反(輸入)で逮捕 薬物事件に強い弁護士

2018-01-08

兵庫県相生市の大麻取締法違反(輸入)で逮捕 薬物事件に強い弁護士

大麻を密輸したとして、兵庫県相生警察署は、麻薬取締法違反輸入)の疑いで、兵庫県相生市に住むAさんを逮捕しました。
逮捕容疑は、大麻を隠した郵便物を海外から自宅に送らせて輸入した疑いです。
Aさんは容疑を認めています。
(フィクションです)

大麻取締法違反輸入)】
大麻取締法は、大麻の栽培・輸出入・所持・譲受・譲渡が禁止されています。
大麻取締法でいう「大麻」とは、「大麻草(カンナビス、サティバ、エル)及びその製品のことを言います。
大麻取締法では、他の薬物の取締法と異なり、「使用」については禁止されていません。
「使用」が禁止されていない理由のひとつとして、大麻草が昔から栽培や利用されてきたからだと言われています。
しかしながら、「使用」が禁止されていないからといって、大麻を「使用」するということは、「所持」「譲受」しないことには不可能ですので、「私は使用しかしてないから」という主張は通用しないでしょう。
大麻は、精神および身体を含む健康上良くない場合があるが、相対的な害では、アルコールやたばこよりも害が少ないと言われています。
そのため、海外では、大麻の所持を合法としている国や地域もあります。
しかし、日本では大麻所持は犯罪となるのでご注意下さい!

大麻を輸入した場合、7年以下の懲役となる可能性があります。
また、営利目的で輸入した場合、10年以下の懲役、又は情状により10年以下の懲役及び300万円以下の罰金が科されることもあります。
大麻取締法違反は、懲役刑以上となり、重くなっています。

大麻取締法違反事件では、容疑を認める場合、大麻への依存性又は常習性がない若しくは低いこと、再犯の危険性がないことなどを主張し、量刑を軽減する弁護活動を行います。
大麻輸入による大麻取締法違反の法定刑は、7年以下の懲役となっていますが、量刑を減軽することが出来、3年以下の懲役刑を言い渡されることになれば、執行猶予も付く可能性があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門とする法律事務所です。
所属弁護士は、薬物事件を取り扱ってきた実績があり、薬物事件にも精通しています。
兵庫県相生市大麻取締法違反輸入)でご家族・ご友人が逮捕された場合には、今すぐ弊所にお問い合わせ下さい。
兵庫県相生警察署までの初回接見費用:弊所までお問い合わせ下さい)