兵庫県赤穂郡上郡町の横領事件で逮捕 不起訴獲得に強い刑事事件専門の弁護士

2017-01-03

兵庫県赤穂郡上郡町の横領事件で逮捕 不起訴獲得に強い刑事事件専門の弁護士

兵庫県赤穂郡上郡町のAさん(30代男性)は、Vさん(80代男性)から預かっていた100万円を使い込んでしまいました。
その後、Vさんが被害届を出したことで事件が発覚し、Aさんは横領の容疑で兵庫県赤穂警察署逮捕されました。
Aさんの母は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

横領とは》
自己の占有する他人の物を横領した場合、横領罪が成立し、5年以下の懲役に処されます。
ここで言う占有とは、物に対して事実上または法律上支配力を有する状態を指します。
濫用の恐れがある支配力でたりるので、事実上の支配のみならず、法律上の支配も含みます。
また、物は金銭だけでなく、不動産も含みます。

不起訴に向けて》
平成28年版の犯罪白書によると、平成27年の横領事件の起訴率は18.8%です。
横領罪には罰金刑はないので、起訴されたら正式な裁判を受けることになります。
不起訴獲得のためには、弁護士に間に入ってもらい、示談や弁償を行ない、被害回復に努めましょう。
被害者の方の処罰感情が和らぎ、厳罰を望まない場合には、不起訴となる可能性が高まります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県赤穂郡上郡町横領事件で逮捕されてしまいお困りの方・不起訴獲得してほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県赤穂警察署までの初回接見費用:46,680円)