兵庫県赤穂郡上郡町の刑事事件で逮捕 強姦事件で告訴取下げの弁護士

2016-07-31

兵庫県赤穂郡上郡町の刑事事件で逮捕 強姦事件で告訴取下げの弁護士

Aさん(20歳男性)は、交際中のVさん(12歳女児)と、兵庫県赤穂郡上郡町の自宅で性行為を行なっていたところ、Vさんの親にバレてしまいました。
Vさんの父親が兵庫県相生警察署告訴を行い、Aさんは強姦の容疑で逮捕されました。
逮捕後、Aさんは「Vさんが12歳だと知っていたし、性行為をしたのも事実だ。しかし、同意があったのに、どうして逮捕されたのか」と納得がいかない様子です。
Aさんの両親は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

強姦罪とは》
暴行又は脅迫を用い、女子を姦淫した場合、強姦罪が成立します。
なお、13歳未満の女子を姦淫した場合には、たとえ同意があり、暴行又は脅迫がなかったとしても、強姦罪は成立すると定められており、そのため、Aさんは強姦の容疑で逮捕されてしまったのです。

告訴取下げについて》
今回のような事案では、告訴取下げができるかどうかで、今後の処分が大きく変わってきます。
強姦罪は、告訴がなければ、起訴できない親告罪なので、告訴取下げが行われた場合には、不起訴処分を獲得することができます。

しかし、告訴取下げができない場合、起訴後に公判請求される可能性があります。
不起訴理由は「嫌疑なし」、「嫌疑不十分」、「起訴猶予」の3つに区分できますが、本事例ではAさんは「Vさんと性行為をした」と認めているので、嫌疑があると判断されて起訴されることになります。
また、強姦罪には罰金刑はなく、懲役刑のみ規定されているため、略式起訴により罰金とされることはなく、起訴されれば正式裁判となります。
正式裁判を避けるためには、弁護士に間をとりもってもらい、告訴取下げを盛り込んだ示談成立を目指す必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が示談交渉はもちろん、無料法律相談や接見サービス等の様々な活動を被疑者に代わって行います。
兵庫県赤穂郡上郡町強姦事件で逮捕されてしまった方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県相生警察署までの初回接見費用:4万2760円)