兵庫県赤穂市の盗品等有償譲受け事件で逮捕 少年事件専門の弁護士

2017-01-12

兵庫県赤穂市の盗品等有償譲受け事件で逮捕 少年事件専門の弁護士

兵庫県赤穂市に住むAくん(18歳男子)は、盗品とわかっていながら、転売目的で工具10点を買いました。
その後、Aくんは盗品等有償譲受けの容疑で兵庫県赤穂警察署に逮捕されました。
Aくんの母は、法律事務所の少年事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

盗品等有償譲受け罪
盗品その他財産に対する罪に当たる行為によって領得された物を有償で譲り受けた者には、盗品等有償譲受け罪が成立します。
刑法第39章 盗品等に関する罪では他にも、盗品等を無償で譲り受ける行為(盗品等無償譲受け)、運搬する行為(盗品等運搬罪)、保管する行為(盗品等保管罪)、有償の処分のあっせんする行為(盗品有償処分あっせん罪)も罰しています。
盗品等有償譲受け罪を始めとした、盗品等に関する罪については、故意犯であり、過失を罰する規定はありません。
つまり、盗品であることの認識が必要とされています。
なお、盗品を有償で譲り受けたあとに、盗品であることを知った場合には、盗品等有償譲受け罪は成立しません。
盗品等有償譲受け罪の保護法益は、「被害者である所有者の盗品に対する私法上の追求権の行使」です。
被害者が「盗品を取り戻したい」と思っても、人から人の手に渡り、どこにあるのかわからないという状態だと困ってしまいます。
そのような状況を防ぐためにも、盗品等有償譲受け罪を始めとした、盗品等に関する罪が存在していると言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県赤穂市盗品等有償譲受け事件逮捕されてお困りの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
兵庫県赤穂警察署までの初回接見費用:47,160円)