兵庫県赤穂郡上郡町の被拘禁者奪取事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2016-11-25

兵庫県赤穂郡上郡町の被拘禁者奪取事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

兵庫県赤穂郡上郡町に住むAさん(20代男性)は、友人のBさんが勾留請求のため、裁判所に向かうと聞き、Bさんが乗った車を止めさせ、Bさんを連れ出して逃げました。
その後、Aさんは被拘禁者奪取の容疑で、兵庫県赤穂警察署逮捕されました。
Aさんの母は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

被拘禁者奪取とは】
被拘禁者奪取とは、あまり聞いたことがない罪名ですが、どのような罪なのでしょうか。
法令により拘禁された者を奪取した場合、被拘禁者奪取罪が成立し、3月以上5年以下の懲役に処される可能性があります。
ここで言う「法令により拘禁された者」とは、「広く法的根拠に基づいて公的に身体の自由を一定程度継続的に拘束されている者一般」を言います。
そのため、被拘禁者奪取罪では、加重逃走罪の客体である下記①~⑥の者に加えて、⑦と⑧の者も対象とされます。
①確定裁判を受けて、それにより拘禁されている者(既決の者)
②死刑の執行まで拘置されている者、労役場に留置されている者
③被疑者又は被告人として勾留されている者(未決の者)
④鑑定留置に付されている者
⑤逮捕状により逮捕された被疑者
⑥勾引された証人
⑦現行犯逮捕・緊急逮捕された者
⑧少年院や少年鑑別所に収容中の少年

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県赤穂郡上郡町被拘禁者奪取事件で逮捕されてしまい、お困りの方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県赤穂警察署までの初回接見費用:47,160円)