兵庫県赤穂郡上郡町の恐喝事件で逮捕 不処分に強い少年事件専門の弁護士

2017-02-12

兵庫県赤穂郡上郡町の恐喝事件で逮捕 不処分に強い少年事件専門の弁護士

兵庫県赤穂郡上郡町に住むAくん(15歳男子)は、同級生のVくん(15歳男子)に対して、1万円を貸していました。
しかし、Vくんがいつまでたってもお金を返さないので、腹を立てたAくんは、Vくんの胸倉を掴み、「金を返せ」と言ったうえで、Vくんの頬を殴り、Vくんの財布から5000円を抜き取りました。
その後、Aくんは恐喝の容疑で、兵庫県赤穂警察署逮捕されました。
Aさんの母は、法律事務所の少年事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

恐喝とは】
人を恐喝して財物を交付させた場合、恐喝罪が成立します。
ここで言う「恐喝」とは、暴行又は脅迫を手段として、その反抗を抑圧するに足りない程度に相手方を畏怖させ、財物の交付を要求することを指します。
本事例のように、貸していたお金を取り返した等の権利行使の手段としての恐喝行為も、脅迫又は暴行されなければ、お金を交付していなかったと言える以上、財産的損害は認められますので、犯罪として、原則成立します。

不処分に向けて】
本事例のように、被害者にも一定の非があったとしても、家庭裁判所送致後の調査の過程で、Aくんが暴力をもって、物事を解決しようとした姿勢は、問題視されるでしょう。
そこで、不処分獲得のために、Aくんが「今後、同じような場面で、再犯しないこと」、「被害者の立場に立ち、物事を考えられること」等を明確に示していく必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県赤穂郡上郡町恐喝事件で逮捕されてしまいお困りの方・不処分を獲得してほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県赤穂警察署までの初回接見費用:弊所までお問合せ下さい)