兵庫県赤穂市の名誉毀損事件で逮捕 告訴の取下げに強い刑事事件専門の弁護士

2017-03-23

兵庫県赤穂市の名誉毀損事件で逮捕 告訴の取下げに強い刑事事件専門の弁護士

兵庫県赤穂市に住むAは、元交際相手の女性の名誉を傷つける文章をネット掲示板に何度も書き込み、執拗に攻撃したとして、兵庫赤穂警察署名誉棄損容疑で逮捕されました。
なんとか被害女性に告訴を取下げて、身柄解放を願うAは、告訴取下げの経験を持つ刑事事件を専門とする弁護士を探しています。
(フィクションです)

名誉毀損罪】
名誉毀損という言葉をよくメディアで耳にしますが、名誉毀損は民事問題と刑事事件とに分かれます。
刑事事件の対象となる名誉毀損罪は、「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金」に処せられる犯罪です。
つまり、公然に、事実を提示し、社会的評価を低下させる行為を指します。
インターネットの普及に伴い、事例のようなネット上の誹謗中傷が名誉毀損事件となるケースが増えています。

告訴
名誉毀損罪は、親告罪です。
親告罪とは、被害者からの告訴の提起が無ければ、その行為自体が犯罪行為とならず、その後の刑事手続きも進められなくなる罪をいいます。
告訴とは、犯罪被害者その他告訴権を有する者が、捜査機関に対して犯罪事実を告知して処罰を求める意思表示のことをいいます。

ですので、逮捕後の刑事手続きを免れるためには、被害者からの告訴取下げを必要とします。
そのためには、被害者との示談成立が必須となります。
示談とは、被害者と示談金を用いて和解することです。
被害者側との示談交渉について、加害者が直接被害者と話し合いを持つことはあまり有効ではない場合が多いです。
被害者感情を逆なでする結果になってしまったり、互いに感情的な水掛け論に終わってしまうことになりかねません。
しかし、法律知識を持った交渉のプロである弁護士が間に入って被害者と交渉することにより、被害者と加害者の両者にとって納得のいく示談へと導くことが出来ます。

兵庫県赤穂市名誉毀損事件で逮捕された方、又そのご家族の方、告訴取下げに豊富な経験を持つ刑事事件専門の弁護士が所属するあいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
(初回の法律相談:無料、兵庫赤穂警察署までの初回接見費用:弊所までお問い合わせください)