兵庫県尼崎市の詐欺事件で逮捕後接見 刑事事件専門の弁護士

2016-09-22

兵庫県尼崎市の詐欺事件で逮捕後接見 刑事事件専門の弁護士

兵庫県尼崎市在住のAさん(30歳男性)は二人の仲間と振り込め詐欺を行っていたところ、通報を受けた尼崎南警察署逮捕されてしまいました。
Aさんは電話をかけて被害者を騙す「かけ子」の役割であったため、兵庫県警尼崎北警察署詐欺罪として逮捕されてしまったのです。
その後事件は検察官に送致され、Aさんには接見禁止がつけられたため、刑事事件に強い弁護士を呼びました。
(フィクションです)

詐欺罪について】

詐欺とは人を欺いて財物を交付させる行為で、詐欺を行った者は10年以下の懲役に処せられます。
複数の犯人によって行われる振り込め詐欺では、電話をかけて相手を騙す役割は詐欺罪、現金を下ろす役割は窃盗罪として処罰されます。

【勾留・接見禁止について】

勾留されている被疑者・被告人は、弁護士以外の者と、法令の範囲内で、接見し、又は書類若しくは物の授受をすることができます(刑訴法80条、207条1項)。
しかし裁判所は、逃亡し又は罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるときは、検察官の請求により又は職権で、勾留されている被疑者・被告人と弁護士以外の第三者との接見を禁止することができます。(刑訴法81条、207条1項)
集団での詐欺罪等では、主に罪証隠滅のおそれがあるとみなされ接見禁止がつけられることがあります。

接見禁止がされることは、被疑者にとって精神的・肉体的にな大きな負担になります。
また、勾留は最大で21日間続くので、逮捕と合わせて最大23日間、誰にも会えず取調べに追われる毎日となってしまいます。
接見禁止がされているときは、被疑者と接見ができるのは弁護士だけです。
早期に弁護士が被疑者と接見をすることで、今後の見通しを相談したり、ご家族の方の伝言を伝えたりすることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では初回接見のサービスを行っております。
事件弁護の委任契約とは別に、初回の一回だけ弁護士が留置施設に出張して逮捕・勾留されている方と面会を行います。

また、弁護士は夜間休日問わずいつでも面会でき、急な逮捕にも対応します。
兵庫県尼崎市詐欺事件でお困りの方は、刑事事件を専門に取り扱っている、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
尼崎北警察署初回接見費用:37100円)