兵庫県朝来市の殺人事件で逮捕 長期実刑回避に強い刑事事件専門の弁護士

2017-02-18

兵庫県朝来市の殺人事件で逮捕 長期実刑回避に強い刑事事件専門の弁護士

兵庫県朝来市のAさん(40歳男性)は、近所に住むVさん(40代男性)宅の騒音に10数年ほど悩まされていました。
Aさんが再三注意しても、Vさんからの嫌がらせは続き、ある晩、Aさん宅で、話し合いの最中に口論となり、Aさんは台所にあった包丁でVさんを刺し、その結果、Vさんは亡くなりました。
我に返ったAさんは、兵庫県朝来警察署に自首し、殺人の容疑で逮捕されました。
Aさんの妻は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

殺人罪
人を殺した場合、殺人罪が成立し、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処されます。
殺人罪の成立には「殺意」が必要であるとされており、具体的事情を拾いながら、殺意の有無を認定する必要があります。
あてはめの際には、①凶器の種類、②行為態様、③創傷の部位・程度 等の客観的な事情を重視しつつ、さらに、④動機の有無、⑤犯行前・犯行時の言動、⑥犯行後の行動 等を総合的に考慮して、判断されます。

長期実験回避のために》
今回、Aさんは捜査機関に発覚する前に自首をしています。
自首とは、犯人が捜査機関に対して、自発的に自己の犯罪事実を申告し、訴追を求めることです。自首を行なった場合には、刑が軽減される可能性があります。
また、本事例では、「Aさんが10数年にわたって、Vさんから嫌がらせを受けてきた」という事情があります。
弁護士は、長期実刑回避のために、そのような事情を証明する証拠を提示したり、Aさんの家族などの証人に証言してもらうよう、掛け合います。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県朝来市殺人事件で逮捕されてしまいお困りの方・長期実刑回避してほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県朝来警察署までの初回接見費用:弊所までお問い合わせください)