兵庫県芦屋市の強制わいせつ事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2016-10-20

兵庫県芦屋市の強制わいせつ事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

Aさん(30代男性)は、兵庫県芦屋市内のマンションエレベーター内で、Vちゃん(12歳女子)の胸を触りました。
その後、Aさんは強制わいせつの容疑で兵庫県芦屋警察署逮捕されました。
Aさんの妻は法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

強制わいせつとは】
13歳以上の男女に対して、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした場合、強制わいせつ罪が成立する可能性があります。
強制わいせつ罪の成立には、手段として、反抗を著しく困難にする程度の暴行又は脅迫が必要であるとされています。
しかし、本事案のように、13歳未満の男女に対しての場合については、暴行又は脅迫を用いなくとも、わいせつな行為をした段階から、実行に着手したと評価され、強制わいせつ罪が成立します。
また、本事例の重要な争点として、被疑者が「被害者が13歳未満であること」を認識していたか否かが挙げられます。
Aさんが客観的に考えて、被害者を13歳未満であると認識していなかったと認められた場合には、強制わいせつ罪ではなく、兵庫県迷惑防止条例違反など、別の罪名が成立する可能性もあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県芦屋市強制わいせつ事件で逮捕されてしまった方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県芦屋警察署までの初回接見費用:35,500円)