【お客様の声】兵庫県内の暴行事件 冤罪の事実を証明し、嫌疑不十分で不起訴処分を獲得

2017-06-30

【お客様の声】兵庫県内の暴行事件 冤罪の事実を証明し、嫌疑不十分で不起訴処分を獲得

■事件概要
 ご依頼者様(40代、建築関係、前科前歴等なし)が、仕事で被害者とされる女性宅を訪れた際に、背後から抱きついたとして同女性から被害届が提出された事件。

■事件経過と弁護活動
 ご依頼者様は、被害者とされる女性宅に内装工事をするために同女性宅を訪問されました。しかし、後日、いきなり女性から、ご依頼者様が工事に訪問していた際に同女性に背後から抱き着いたと、電話口で荒々しい口調で問いただされ、警察に被害届を出すと言われました。全く身に覚えのない疑いをかけられたご依頼者様は、毅然した態度で同女性に対応し、そのようなことをしていない旨をはっきりと伝えられました。それからしばらくして、警察からご依頼者様のもとに、女性が被害届を出した旨の連絡が来て、本件について取調べを受けることになりました。ご依頼者様は、警察での取調べを受けられましたが、身に覚えのない容疑について、警察が最初からご依頼者様を犯人と認識した態度でいることにご不満を抱き、冤罪を証明してほしいと思われ、当事務所の法律相談にいらっしゃいました。
 法律相談では、ご依頼者様から経緯の詳細や被害者とされる女性について伺ったうえで、担当弁護士は今後の流れや弁護方針について丁寧に説明しました。冤罪をかけられ不安な気持ちでいらっしゃったご依頼者様は、担当弁護士に本事件における刑事弁護活動を依頼されました。
 依頼後、担当弁護士はご依頼者様に対して警察での取調べ対応について適切なアドバイスをし、ご依頼者様にとって不利な供述がとられないように努めました。また、ご依頼者様から更に事件前後のご依頼者様や女性の行動や様子について細かく伺い、被害者とされる女性の供述の信用性が低いことを指摘し、ご依頼者様は嫌疑なしまたは嫌疑不十分で不起訴処分とされるべきだと、担当検事に対して意見書を提出しました。
 その結果、検事は本事件を嫌疑不十分で不起訴処分として終了させました。これを受けて、ご依頼者様は安堵のご様子で、いつも通りの生活に戻っていかれました。突然、まったく身に覚えのない容疑で刑事事件に巻き込まれ、大変困憊なさられたご依頼者様ですが、担当弁護士の迅速かつ適切な弁護活動により無事に不起訴処分となり安心したご様子でした。