【お客様の声】兵庫県内の痴漢事件 示談を取りまとめ略式命令で実刑を回避

2017-06-24

【お客様の声】兵庫県内の痴漢事件 示談を取りまとめ略式命令で実刑を回避

■事件概要
 ご依頼者様の旦那様(40代、会社員、同種の前歴あり)が、電車内で被害女性に対して複数回痴漢行為をしたとして逮捕された事件。

■事件経過と弁護活動
 ご依頼者様の旦那様は、通勤電車内で被害女性に対して複数回痴漢行為をしており、被害女性の被害届を受けて捜査をしていた警察に特定され、家宅捜索後に通常逮捕されました。突然の警察官の訪問、そして旦那様の逮捕を受けて、ご依頼者様は大変驚かれ不安を感じていらっしゃいました。旦那様の身柄を解放してほしい一心で、当事務所の弁護士に初回接見を依頼されました。
 担当弁護士は、依頼後直ちに留置先に向かい、旦那様と接見しました。接見で、旦那様から事件について詳しく聞くと、同じ被害女性に対して何度も繰り返し痴漢行為をしていたことが分かりました。接見後の初回接見報告では、ご依頼者様に対して担当弁護士から事件の詳細や今後の刑事手続きの流れを丁寧に説明したうえで、被害者の方への被害弁償や示談締結が、検察官が最終的な処分を決定する際に考慮されることを伝え、被害者対応が急務であると提案致しました。ご依頼者様も、被害者の方への被害弁償・示談の重要性を理解され、担当弁護士に本事件における刑事弁護活動を正式に依頼されました。
 担当弁護士は早速、被害者様との示談交渉を開始しました。被害者様に対して早期に謝罪した上で通勤経路及び通勤時間を調整することで接触の危険回避の手段を講じるなどの提案を含め、粘り強い示談交渉を続けました。早急且つ粘り強い交渉の末、被害者様と示談をまとめることに成功しました。
 示談締結後、担当弁護士はすぐに身柄解放に取り掛かりました。被疑者である旦那様が罪証隠滅・逃亡のおそれがないこと、そして旦那様本人が真摯に反省していることや被害者様との示談が既に成立していることを述べ、勾留決定を取り消すよう裁判所に申し立てました。その結果、見事申立が認められ、旦那様は即日釈放されることになりました。
 このような弁護活動により、検察は略式起訴で本件を終了することになり、正式な公判を回避することが出来ました。旦那様は、すぐに職場に復帰されて、元の生活を送っていらっしゃいます。