兵庫県姫路市の強姦事件で逮捕 少年事件専門の弁護士

2016-08-30

兵庫県姫路市の強姦事件で逮捕 少年事件専門の弁護士

兵庫県姫路市に住んでいるAくん(18歳男子)は、恋愛感情を充足する目的で、抵抗するVさん(20歳女性)を押さえつけ、強姦しました。
Vさんの告訴により事件が発覚し、兵庫県姫路警察署はAくんを逮捕しました。
Aくんの両親は、法律事務所の少年事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

強姦罪とは》
暴行又は脅迫を用いて、女性を姦淫した場合、強姦罪が成立します。
強姦罪については未遂も罰します。
被害者が13歳以上の場合には、強姦する意思をもって暴行・脅迫を行なった時点で、実行の着手が認められ、未遂として罰せられる可能性があります。
なお、ここで言う暴行・脅迫は姦淫行為と密接に関わっている必要があり、姦淫の準備のために暴行を行なった場合には、実行の着手であると評価されないケースもあります。

少年事件の場合》
少年事件では、すべての事件が家庭裁判所に送致されます。
家庭裁判所送致後に、弁護士は捜査機関から送付された「法律記録」を閲覧・謄写することが可能となります。
また、家庭裁判所調査官は、審判に付すべき少年について、少年、保護者又は参考人の取調その他の必要な調査を行い、このような調査結果は「社会記録」としてまとめられます。
弁護士は審判前に社会記録を閲覧することができます。(謄写することはできません。)
弁護士はこのような記録から、事件の全容や少年のおかれた環境や問題点について知り、審判に向けた準備を行ないます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県姫路市強姦事件で逮捕されてしまった方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県姫路警察署までの初回接見費用:39,700円)