兵庫県福崎町の刑事事件で逮捕 脅迫事件に強い弁護士

2016-06-22

兵庫県福崎町の刑事事件で逮捕 脅迫事件に強い弁護士

兵庫県福崎町に住むAさん(30代男性)は、自身がファンであったアイドルVさん(20代女性)のツイッターに向けて、「おまえは俺を裏切った。殺してやる。」と書き込みました。
Vさんは被害届を提出し、Aさんは兵庫県警福崎警察署脅迫罪の容疑で逮捕されました。
Aさんの母親は、なんとか被害届取り下げを行なってほしいと、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談しに来ました。
(このお話はフィクションです。)

脅迫罪とは》
脅迫罪について、刑法第222条第1項で以下のように定めています。
「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。」

脅迫罪は、加害者が冗談のつもりであっても、被害者の方が恐怖心を持ち、客観的に被害者を畏怖させるにたりると評価された場合に成立する可能性があります。
害を加える旨の告知方法について制限はなく、今回の事案のように、文書で伝えた場合も脅迫罪が成立することもあります。
また、刑法第222条第2項では、親族に対して害を加える旨を告知して脅迫した場合も、脅迫罪と同様の法定刑を処すると定めています。
そのため、「おまえの母親を殺す」等といった発言や書面も、脅迫罪にあたる可能性もあるのです。

《被害届取り下げについて》
脅迫罪の多くは、被害者の方が警察署に被害届を提出することで、捜査が開始されます。
もしも、脅迫罪の容疑で逮捕された場合、示談締結に至ることが大切です。
また、示談内容に被害届取り下げが盛り込まれていれば、当事者間の問題は解決されたと捉えられ、釈放されるケースもあります。
しかし、刑事事件まで発展してしまった場合、被害者の方は恐怖や怒りから、示談交渉に応じてくれない場合もあります。
弁護士が間に入ることで、できるだけ早く、示談成立に導くことが可能です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士が多数在籍しており、多くの示談成立の実績があります。
また、無料法律相談や接見サービスも行なっていますので、兵庫県福崎町脅迫事件でお困りの方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県警福崎警察署 初回接見費用:47,160円)