兵庫県揖保郡太子町のリベンジポルノ防止法違反で逮捕 保護観察に強い少年事件専門の弁護士

2017-02-02

兵庫県揖保郡太子町のリベンジポルノ防止法違反で逮捕 保護観察に強い少年事件専門の弁護士

兵庫県揖保郡太子町のAくん(17歳男子)は、以前付き合っていたVさん(18歳女子)から振られた当てつけに、付き合っていた当時に撮った性交渉中の動画をネットに流出させました。
その後、Aくんはリベンジポルノ防止法違反で、兵庫県たつの警察署逮捕されました。
Aくんの母は、法律事務所の少年事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

リベンジポルノ防止法違反とは】
別れた恋人や配偶者に対する報復として、交際時に撮影した相手のわいせつな写真や映像を、インターネットなどで不特定多数に配布・公開することをリベンジポルノと言います。
第三者が撮影対象者を特定することができる方法で、電気通信回線を通じて相手のわいせつな写真や映像を不特定又は多数の者に提供した場合、リベンジポルノ防止法違反にあたります。
近年、スマートフォンの普及等により、リベンジポルノが社会的な問題となり、平成26年に、私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律(通称・リベンジポルノ防止法)が成立しました。
なお、実際にわいせつな写真や映像を流出させていなくても、「よりを戻さなければ、写真や画像を流出させる」等と相手を脅した場合には、ストーカー規制法違反や強要罪にあたる場合があります。

保護観察に向けて】
保護観察とは、少年を施設に収容することなく、社会の中で生活させながら、保護観察所の指導監督及び補導援護という社会内処遇によって、少年の改善更正を図ることを目的として行う保護処分です。
少年事件の手続きは、罰を与えることが目的ではありません。
調査や審判は、真に健全な育成を期すために存在しており、むやみやたらに軽い処遇にすることは、少年の更生を阻害する恐れがあります。
本事例のようなケースでは、保護観察処分を受け、保護観察所の指導監督の下、生活することで、少年の真の内省が深まることが期待できます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県揖保郡太子町リベンジポルノ防止法違反逮捕されてお困りの方・保護観察を獲得してほしい方は弁護士までご相談ください。
兵庫県たつの警察署までの初回接見費用:弊所にお問い合わせください)