兵庫県加古川市の刑事事件で逮捕 DV事件で評判のいい弁護士

2016-09-17

兵庫県加古川の刑事事件で逮捕 DV事件で評判のいい弁護士

兵庫県加古川市内に住むVさんは、数か月前に、Aさんと結婚し、一緒に住んでいました。
Vさんは、結婚後、Aさんの暴力・罵倒に悩まされることが増えてきました。
ある日、いつものように、VさんがAさんから暴力を受けていたところ、我慢の限界に達し、後日兵庫県警加古川警察署へ駆け込み、被害届を出しました。
Aさんは、「逮捕されるのではないか」と不安になり、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

DVとは?】
DV(domestic violence)とは、同居関係にある配偶者や内縁関係の間で起こる家庭内暴力のことをいいます。
DV」と言えば、男性から女性に対して暴力をふるっているというイメージが強いかと思うのですが、最近では女性から男性に対するDVも報告されていることが明らかになってきました。

DVはどのような犯罪か】
DVは暴力をふるっているのですから、暴行罪(刑法208条)に該当します。
法定刑は、2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料です。
また、もし、けがをさせてしまった場合には、傷害罪(刑法204条)に該当します。
法定刑は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。
DVには罵倒なども含まれますが、それによりノイローゼになったような場合にも、傷害罪になる可能性があります。
また、DVの通報を受けた場合、裁判所から保護命令が出される可能性もあり(配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律)、その命令に反した場合、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に科せられる可能性があります。

もし、DVを起こしてしまい、相手から被害届が出されてお困りの方は、一度、弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。
兵庫県加古川市内のDV事件で逮捕されるかもしれないと不安な方は、刑事事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士へご連絡ください。
兵庫県加古川警察署 初回接見費用:3万9300円)