兵庫県加古郡播磨町の強制執行行為妨害事件 接見に強い刑事専門弁護士

2016-11-06

兵庫県加古郡播磨町で逮捕 強制執行行為妨害事件に強い弁護士

兵庫県加古郡播磨町に住むAさん(30代女性)は、競売にかけていた自己の物件を明け渡すことを拒否し、強制執行を申し立てたVさん(40代女性)に対して、「取下げなければ、命はないと思え」等と脅迫しました。
その後、Aさんは兵庫県加古川警察署に、強制執行行為妨害罪逮捕されました。
Aさんの妹は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

強制執行行為妨害罪とは】
強制執行行為妨害罪は、平成23年の刑法一部改正によって加えられた犯罪です。
1)偽計又は威力に用いて、占有者の確認その他の強制執行の行為を妨害した場合、2)強制執行の申立てをさせず、または強制執行の申立てを取り下げさせる目的で、申立権者またはその代理人に対して暴行・脅迫を加えた場合、強制執行行為妨害罪が成立し、3年以下の懲役もしくは250万円以下の罰金または併科されます。
本事例で、AさんがVさんに行なった発言は「脅迫」にあたる可能性があります。
なお、ここで言う「脅迫」とは、人を畏怖させる害悪の告知を広く含み、脅迫罪のように害悪の内容は限定されていません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。弁護士との接見は極めて重要で、その内容によっては、処分に大きな影響を及ぼします。
兵庫県加古郡播磨町強制執行行為妨害事件で逮捕されてお困りの方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県加古川警察署までの初回接見費用:39,300円)