兵庫県加古郡稲美町の詐欺事件 接見禁止一部解除に成功する弁護士

2018-01-03

兵庫県加古郡稲美町の詐欺事件 接見禁止一部解除に成功する弁護士

兵庫県加古郡稲美町では、通帳やキャッシュカードを騙し取られ現金が引き出される手渡し型の詐欺事件が集中して起きていました。
兵庫県加古川警察署は、Aさんを詐欺容疑で逮捕しました。
Aさんには接見禁止処分が出されており、家族にも会えず困っています。
(フィクションです)

接見禁止決定~詐欺事件~】
上記事例のように、銀行員や公務員を装い「医療還付金がある」「キャッシュカードが偽造されている」などと言い、被害者を騙して通帳やクレジットカードを受け取り、現金を引き出す詐欺が横行しています。
これらの詐欺は、組織的に行われています。
組織的な詐欺事件で逮捕・勾留されてしまうと、多くの場合には接見禁止処分が出されます。
接見禁止処分とは、弁護士以外との接見が禁止される処分です。
接見禁止となる理由は大きく分けて以下の3つがあります。
①逃亡のおそれがある、②被疑者が容疑を否認している、③組織犯罪の可能性がある。
組織的な詐欺事件の場合は、証拠隠滅や口裏合わせの防止のために接見禁止となる可能性が高くなります。
接見禁止の期間は、勾留から起訴の間までや裁判前までなど様々ですが、起訴前の勾留期間中の接見禁止が多いようです。

勾留によって、外部と隔離された空間で生活しなければならず、それだけでも身体的・精神的苦痛を強いられます。
それに加えて、接見禁止処分によって、家族や友人らと会うことすら出来ない状況は、被疑者や被告人、またその家族や友人を、益々精神的に追い詰めることになります。
このような状況下では、弁護士接見禁止決定に対して準抗告や抗告を行い、これが容認されない場合であっても、更に解除の申立を行い、職権発動を促す活動を行います。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所には、詐欺事件をはじめ、数多くの刑事事件を取り扱ってきた実績のある弁護士が所属しております。
兵庫県加古郡稲美町詐欺事件で、ご家族・ご友人の方が逮捕・勾留された、接見禁止が付いていてお困りであれば、今すぐ弊所までお問い合わせ下さい。
兵庫県加古川警察署までの初回接見費用:39,300円)