兵庫県神崎郡市川町の有価証券偽造事件で逮捕 接見禁止一部解除に強い刑事事件専門の弁護士

2017-01-25

兵庫県神崎郡市川町の有価証券偽造事件で逮捕 接見禁止一部解除に強い刑事事件専門の弁護士

兵庫県神崎郡市川町に住むA1さん(30代男性)は、A2さん(40代男性)と協力し、B会社の株券を偽造しました。
その後、A1さんは兵庫県加古川警察署有価証券偽造の容疑で逮捕されました。
A1さんの妻は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとに、「接見禁止が出され、夫に会えない。どうすればよいか」と相談にきました。
(このお話はフィクションです。)

有価証券偽造罪とは】
行使の目的で、公債証書、官庁の証券、会社の株券その他の有価証券を偽造した場合、有価証券偽造罪が成立し、3月以上10年以下の懲役に処される可能性があります。
有価証券とは、財産上の権利が証券井表示され、その表示された権利を行使するためには、その証券を占有している必要があるものを指します。
有価証券の例としては、乗車券、定期券、宝くじ、郵便為替証券等が挙げられます。
ここで言う「偽造」とは、作成権限のない者が当事者の知らないうちに、他人の名義を不正に使い、有価証券を作成することを指します。

接見禁止一部解除について】
否認事件や共犯者がいる事件では、接見禁止が付される場合があります。
接見禁止一部解除がなされない場合、被疑者は家族と会えずに、不安の中で取り調べに臨む必要があり、これは大きな負担となります。
接見禁止一部解除に向けて、弁護士は裁判所に対して、「面会者を通した罪証隠滅の恐れがないこと」や「面会者が事件関係者でないこと」を説明します。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県神崎郡市川町有価証券偽造事件で逮捕されてしまいお困りの方・接見禁止一部解除を行なってほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県加古川警察署までの初回接見費用:39,300円)