兵庫県神崎郡神河町の暴行事件で逮捕 少年事件専門の私選弁護士

2017-02-17

兵庫県神崎郡神河町の暴行事件で逮捕 少年事件専門の私選弁護士

兵庫県神崎郡神河町のAくん(15歳男子)は、友人のVくん(15歳男子)を突き飛ばしたところ、通行人に通報されて、暴行の容疑で現行犯逮捕されました。
Aさんの母は、法律事務所の少年事件を専門に扱っている私選弁護士のもとへ「兵庫県福崎警察署に接見に行ってほしい」と相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

暴行罪とは》
暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかった場合、暴行罪が成立します。
ここで言う「暴行」とは、不法な有形力の行使が人の身体に対して、加えられるものを指します。
本事例のような突き飛ばす行為の他に、唾を吐く行為・拡声器で大声を発する行為等は、暴行罪となる可能性があります。

私選弁護士について》
逮捕されてしまった場合、弁護士を選任することができます。
弁護士には、国選と私選がありますが、被疑者国選の対象は制限されており、「死刑又は無期若しくは長期3年を超える懲役若しくは禁錮にあたる事件」とされています。
暴行罪の法定刑は、「2年以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料」ですので、被疑者国選の対象外となります。
私選弁護士に依頼するメリットとしては、「逮捕直後など、早い段階から選任することが可能である点」が挙げられます。
早期段階から私選弁護士をつけることで、釈放される可能性が高くなると言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県神崎郡神河町暴行事件で逮捕されてしまいお困りの方は、私選弁護士までご相談ください。
兵庫県福崎警察署までの初回接見費用:弊所までお問合せ下さい)