兵庫県加西市の大麻取締法違反事件で逮捕 保護観察に強い少年事件専門の弁護士

2017-01-19

兵庫県加西市の大麻取締法違反事件で逮捕 保護観察に強い少年事件専門の弁護士

兵庫県加西市に住むAくん(18歳男子)は、知人から大麻をもらいました。
その後、Aくんは大麻取締法違反の容疑で、兵庫県加西警察署に逮捕されました。
Aくんの母は、法律事務所の少年事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

大麻取締法違反とは】
大麻をみだりに、所持し、譲り受け、又は譲り渡した場合、大麻取締法違反逮捕される可能性があります。
大麻取締法では、栽培や輸出入も規制されています。
なお、ここで言う大麻とは、大麻草及び大麻草製品を指し、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品は除かれます。

保護観察とは】
警察官や検察官は、家庭裁判所に少年事件を送致します。
送致後は家庭裁判所が調査を行い、審判を開始するか否かを決定します。
審判では、少年に対する処分を決めます。
保護観察とは、保護処分の一種です。
少年が保護観察官や保護司の指導・監督を受けながら、社会内で更生できると判断された場合には、保護観察に付されます。
保護観察に付された少年は、決められた約束事項を守りながら家庭等で生活し、保護観察官や保護司から生活や交友関係などについて指導を受けることになります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県加西市大麻取締法違反事件逮捕されてお困りの方・保護観察を獲得してほしい方は弁護士までご相談ください。
兵庫県加西警察署までの初回接見費用:弊所にお問い合わせください)