兵庫県川辺郡猪名川町の刑事事件で逮捕 暴行事件で接見に強い弁護士

2016-07-29

兵庫県川辺郡猪名川町の刑事事件で逮捕 暴行事件で接見に強い弁護士

Aさん(20代男性)は、別れを切り出されたことに腹を立て、兵庫県川辺郡猪名川町の道路で待ち伏せし、Vさん(20代女性)に唾を吐きかけました。
Vさんが兵庫県川西警察署に通報したので、Aさんは兵庫県川西警察署暴行の容疑で現行犯逮捕されました。
Aさんの母は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

暴行罪とは?》
暴行を加えたものが人を傷害するに至らなかった場合には、暴行罪が成立する可能性があります。
ここで言う「傷害」は、人の生理的機能に障害を加えることを指します。
本事例のような「唾を吐きつける」行為は、人の生理的機能に障害を加えるまでは至らないと解釈され、暴行罪が成立する可能性があります。
判例では、同様の解釈から「髪の毛を切る」という行為で、暴行罪が成立しました。
暴行罪の法定刑は、2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金又は拘留もしくは科料で、刑法の中では比較的軽微な刑罰が定められています。

弁護士にできること》
逮捕後、被疑者や被疑者の家族に選任されると、弁護士は弁護活動を行うことが可能となります。
被疑者の利益を守るための弁護活動の一つとして、「接見」が挙げられます。
弁護士による接見は、通常の面会とは異なり、立会人なく、原則時間制限なく、被疑者と話すことが可能です。
接見によって、現在どのような状況か・今後の取調べでどのように対応すべきか等、弁護士本人から教えてもらうことができるので、被疑者の不安は軽減されるはずです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスはもちろん、無料法律相談や示談交渉など、様々な活動を被疑者に代わって行います。
兵庫県川辺郡猪名川町暴行事件で逮捕されてしまった方・接見をしてほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県川西警察署までの初回接見費用:40,400円)