兵庫県川辺郡猪名川町で逮捕 強制執行関係売却妨害事件に強い刑事事件専門の弁護士

2016-11-10

兵庫県川辺郡猪名川町で逮捕 強制執行関係売却妨害事件に強い刑事事件専門の弁護士

兵庫県川辺郡猪名川町に住むAさん(30代男性)は、自分がもともと所有していた物件が強制競売にかけられそうになったので、入札予定のVさん(30代男性)に対して、「もしも入札したら、殺してやる」と言いました。
その後、Aさんは強制執行関係売却妨害の容疑で、兵庫県川西警察署逮捕されました。
Aさんの妹は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

強制執行関係売却妨害罪とは】
偽計又は威力を用いて、強制執行において行われ、又は行われるべき売却の公正を害すべき行為をした場合、強制執行関係売却妨害罪が成立し、3年以下の懲役若しくは250万円以下の罰金に処される、又はこれを併科される可能性があります。
ここで言う「偽計」とは、「人を欺罔・誘惑し、または他人の無知・錯誤を利用し、判断を誤らせること」を、「威力」とは、「人の自由意思を抑圧すること」を指します。
強制執行関係売却妨害罪は「強制執行における売却の公正」が保護法益です。
そのため、公正を害すべき行為が行われた段階で強制執行関係売却妨害罪は成立し、実際に売却の公正が害される必要はありません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県川辺郡猪名川町強制執行関係売却妨害事件で逮捕されてしまった方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県川西警察署までの初回接見費用:38,800円)