兵庫県川西市の淫行条例違反事件 刑事事件専門の弁護士が事件を穏便解決

2017-04-27

兵庫県川西市の淫行条例違反事件 刑事事件専門の弁護士が事件を穏便解決

兵庫県川西市に住むAは、SNSで知り合った未成年と性的関係を持つようになりました。
ある日、兵庫県川西警察署から連絡があり、淫行条例違反容疑で署まで出頭するよう要請を受けました。
周りに知られたくないAは、何とか事件を穏便に解決してくれる刑事事件専門の弁護士を探しています。
(フィクションです)

淫行条例違反】
各都道府県は、青少年との淫行を禁止する青少年保護育成条例や青少年育成条例などを制定しています。
淫行条例とは、青少年保護育成条例等の中にある、青少年との「淫行」「みだらな性行為」「わいせつな行為」「みだらな性交」または「淫行などを教え・見せる行為」を規制する条文の通称です。
兵庫県は、「兵庫県青少年愛護条例」によって、青少年とのみだらな性行為及びわいせつな行為を規制しています。
兵庫県淫行条例における青少年とは、児童と同じく18歳未満の者(ただし既婚者を除く)を指します。
淫行条例違反で起訴された場合、2年以下の懲役又は100万円以下の罰金が課される場合があります。

逮捕・勾留されたり、刑事事件に巻き込まれたりすると、事件のことが職場や学校に知られてしまう可能性が出てきます。
事件のことが職場や学校に知られてしまうと、懲戒処分や解雇・退学など社会的制裁を受けてしまいかねません。
そのような事態を回避するためには、刑事事件に強い弁護士による迅速で的確な弁護活動が必要不可欠です。
職場や学校に知られないように、
①早期の釈放、
②早期の示談、
③報道・公表されないよう警察や検察に働きかける、
④報道内容の訂正・削除を報道機関に働きかける。
といった弁護活動を行います。
逮捕・勾留されると、長期間職場や学校に行くことができず、事件のことを隠し続けることが難しくなります。
その点、早期に釈放されると、職場や学校に知られずに社会復帰できる可能性も高くなります。
また、被害者から被害届が警察に出されそうな場合であれば、事前に被害者との示談を成立させることで警察が介入することを防止できます。
逮捕・勾留されてしまったとしても、被害者との示談で、釈放される可能性も高まります。

兵庫県川西市淫行条例違反事件で、お困りの方、周囲に知られずに職場・学校復帰したい方は、是非あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
(初回の法律相談:無料、兵庫県川西警察署までの初回接見費用:弊所までお問い合わせ下さい)