【お客様の声】兵庫県内の建造物侵入事件 勾留を阻止し、被害者との示談成立で不起訴処分を獲得

2017-06-23

【お客様の声】兵庫県内の建造物侵入事件 勾留を阻止し、被害者との示談成立で不起訴処分を獲得

■事件概要
 ご依頼者様の息子様(20代、会社員、前科前歴等なし)が、のぞきをする目的で、会社の同僚女性の住むマンションに侵入したとして逮捕された事件。

■事件経過と弁護活動
 ご依頼者様は、息子様の上司から、取調べのため会社を休むとの連絡を受けたことを聞き、今回の事件についてお知りになられました。連絡を受けて驚愕されたご依頼者様は、事件の詳細も分からず非常に不安な思いで、当事務所の弁護士に初回接見を依頼されました。依頼を受けた当事務所の弁護士は、直ちに留置先に向かい、息子様との接見を行ないました。接見では、担当弁護士が事件の詳細を聞いたうえで、被疑者である息子様に対して今後の手続きの流れや見通しなどを丁寧に説明しました。接見後の接見甲北では、ご依頼者様に事件の詳細をお伝えし、今後の流れや見通し、そしてそれに対する弁護活動を具体的に説明しました。また、弁護士は、今回の事件にように、被害者の方がいる事件では、被害者の方との示談結果が刑事処分に大きく影響し得ることをご依頼者様に説明しました。弁護士の接見報告を終えて、事の重大さを再度実感されたご依頼者様は、息子様の早期の身柄解放と被害者の方との示談成立を希望され、本事件における刑事弁護活動を担当弁護士に正式に依頼されました。
 依頼を受けた弁護士は、さっそく息子様の身柄解放活動を開始しました。担当弁護士は、勾留決定に対する準抗告を申立て、勾留をする理由も必要もないこと書面にて裁判所に説得的に主張しました。見事、準抗告の申立が認められ、息子様は即日釈放されることになりました。
 その後、弁護士は、直ぐに被害者の方との示談交渉を進めていきました。同僚の覗き目的で自宅マンション敷地内に侵入されたことを受け、被害者の方は精神的にショックを受けておられたので、示談交渉開始当初、今後の展開が難航するかと思われました。しかし、担当弁護士は、息子様が今回の事件について真摯に反省していること、被害者の方に対して誠意ある謝罪をしていること、今後一切被害者宅付近には近づかない誓約をすることを伝え、被害者の方が安心して示談交渉に応じてもらえるよう慎重に交渉しました。その結果、被害者の方から示談に応じていただけるとの返答をいただくことができ、示談を締結することが出来ました。
 このような弁護活動により、担当検察官は本事件を不起訴処分として終了させ、ご依頼者の息子様は前科を回避することが出来ました。早期の身柄解放及び不起訴処分で、ご依頼者も息子様も大変お喜びになられていました。息子様は、事件後、今後同じ過ちを繰り返さないことを誓い、新たな生活を始められました。