兵庫県神戸市兵庫区の覚せい剤事件で逮捕 少年院送致を回避し更生に向けて活動する少年事件専門の弁護士

2017-05-04

兵庫県神戸市兵庫区の覚せい剤事件で逮捕 少年院送致を回避し更生に向けて活動する少年事件専門の弁護士

兵庫県神戸市兵庫区に住むAくん(18歳)は、知人から受け取った覚せい剤を第三者に渡していました。
ある日、兵庫県兵庫警察署から来た警察官に覚せい剤取締法の容疑で逮捕されてしまいました。
連絡を受けたAくんの両親は、罪を償いしっかりと更生してもらいたいと思い、少年事件を専門に扱う弁護士を探しています。
(フィクションです)

覚せい剤取締法違反
覚せい剤取締法は、覚せい剤の輸入・製造・所持・使用・譲渡・譲受を禁止し、これに違反した場合に刑罰を科すものです。
覚せい剤とは、「フエニルアミノプロパン、フエニルメチルアミノプロパン及びその塩類」や、これらと「同種の覚せい作用を有する物であって政令で指令するもの」、又はこれら「いずれかを含有するもの」を指します。
営利目的で上の行為を行なった場合は、さらに思い刑罰が科されます。
営利目的がない場合は、10年以下の懲役になる可能性があるのに対して、営利目的がある場合には、1年以上の懲役となります。

少年院
少年院とは、家庭裁判所から保護処分として送致された者などを収容し、これを矯正教育を授ける施設のことをいいます。
少年院は、少年の再非行を防止するため、特別の場合以外は外出が許されず、非開放的な施設で生活させ、規律ある生活に親しませて生活訓練を行い、紀律に違反した者に対して懲戒を行います。
少年院送致は、少年の自由を拘束する点で保護処分のうち、最も強力な処分となります。
少年院に収容することができるのは、原則として20歳までです。

少年事件において、少年が薬物に手を染めてしまうケースの多くは、周囲の誘いを断りきれなかったり、薬物に対する危険性を十分認識していない場合があります。
また、インターネット上で取引されることもあり、少年がインターネットを使って、容易に売人とつながってしまうケースも見受けられます。

弁護士は、少年自身が薬物に対する正しい知識を持ち、薬物の危険性を十分に理解するよう、少年と何度も面会し、理解を促します。
また、少年の交友関係や少年の出入りする場所を制限したり、少年の貯金を親の管理下に置く等、少年が再度薬物に手を出すことのないよう更生環境を整えます。
このように、少年の更生環境を整え、再非行の可能性が低減されることによって、家庭裁判所の審判において、少年院送致処分を下す可能性を低くしていきます。

兵庫県神戸市兵庫区覚せい剤取締法違反でお子様が逮捕されてお困りの方、一度あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
少年事件を専門に扱う弁護士が、迅速かつ適切に対応致します。
(初回の法律相談:無料、兵庫県兵庫警察署までの初回接見費用:35,100円)