【お客様の声】兵庫県内の強制わいせつ事件 告訴取り消しで不起訴処分を獲得

2017-06-21

【お客様の声】兵庫県内の強制わいせつ事件 告訴取り消しで不起訴処分を獲得

■事件概要
 ご依頼者様の息子様(30代、会社員、前科前歴等なし)が、路上で声をかけた女性に対して、抱き着き、キスをするなど強いてわいせつな行為をしたとして逮捕された事件。

■事件経過と弁護活動
 ご依頼者様は、息子様の奥様からの連絡を受けて、今回の事件についてお知りになられました。朝早くに警察官が自宅にやって来た、そのまま息子様を連行し、その日の夕方に息子様を逮捕したので、しばらくは自宅に戻れないと言われたことを、ご依頼者様は奥様から聞いておられました。当時、奥様は相当ショックを受けられており、ご依頼者様もまた事件について信じられず、警察署に連絡されました。しかし、警察からは二日後以降でないと面会が出来ないと言われ、どうしたらよいか分からず不安な面持ちで、当事務所の弁護士に初回接見を依頼されました。
 息子様との初回接見で、被害者様が今回の事件について告訴を提起していることが分かりました。これを受けて、担当弁護士は、接見報告において、事件の詳細や息子様の様子などをご依頼者様に伝えたうえで、最善の処分を獲得するためには、被害者様との示談を締結し告訴を取下げてもらう必要がある旨を説明しました。担当弁護士の報告を受けて、ご依頼者様は正式に本事件における刑事弁護活動を依頼されました。
 依頼後、担当弁護士は直ぐに被害者様との示談交渉を開始しました。告訴された被害者様は被疑者である息子様に対する処罰感情が相当であると思われ、示談交渉も難航することが予想されていました。弁護士は、早期に息子様が被害者様に謝罪を行う意思があること、事件現場付近には一切立ち寄らないこと、被害弁償を行うこと等を丁寧に伝えたうえで、告訴取消しを含めた示談に応じていただけるよう慎重に交渉しました。弁護士による示談交渉の末、被害者様との示談が成立し、告訴を取下げていただくことになりました。告訴取消書を検察官に提出後、即日息子様は不起訴処分で釈放されることとなりました。
 息子様は、釈放後、元の職場に復帰され、ご家族と共に気持ちを新たに生活されています。