兵庫県加東市の強制わいせつ事件で逮捕 不起訴獲得に強い刑事事件専門の弁護士

2017-01-08

兵庫県加東市の強制わいせつ事件で逮捕 不起訴獲得に強い刑事事件専門の弁護士

兵庫県加東市のAさん(40代男性)は、人通りの少ない道を歩いていたVさん(20代女性)に後ろから近づき、Vさんを押さえ込み、胸と臀部を揉みました。
その後、Aさんは強制わいせつの容疑で、兵庫県加東警察署に逮捕されました。
Aさんの妻は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

強制わいせつとは】
13歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした場合、強制わいせつ罪が成立し、6月以上10年以下の懲役に処されます。
本事例のAさんは、Vさんを押さえ込んで、胸を触っており、暴行を手段として、わいせつな行為をしたと見なされます。
なお、13歳未満の男女に対しては、暴行又は脅迫を用いずに、単にわいせつな行為をした場合にも、強制わいせつ罪が成立します。

不起訴獲得に向けて】
本事例のAさんは、自分の行いを認め、真摯に反省しており、Vさんに対して、示談と告訴取下げの交渉をしてほしいと弁護士に依頼しました。
強制わいせつ罪は告訴がなければ、公訴が提起できない親告罪です。
そのため、告訴取下げが行われた場合には、不起訴となります。
しかし、告訴取下げが行われない場合には、強制わいせつ罪の法定刑には、懲役刑しかないため、正式裁判が開かれることとなります。
早期に弁護士に間を取り持ってもらい、示談や告訴取下げのための交渉を進めてもらいましょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県加東市強制わいせつ事件で逮捕されてしまいお困りの方・不起訴を獲得してほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県加東警察署までの初回接見費用:弊所にお問い合わせください)