兵庫県美方郡新温泉町の無免許運転事件で逮捕 審判不開始に強い少年事件専門の弁護士

2017-01-01

兵庫県美方郡新温泉町の無免許運転事件で逮捕 審判不開始に強い少年事件専門の弁護士

Aくん(15歳男子)は、兄の原付に乗ってみたくなり、兵庫県美方郡新温泉町の道路で運転していたところ、兵庫県美方警察署の警察官に見つかり、無免許運転の容疑で現行犯逮捕されました。
Aくんの母は、法律事務所の少年事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

無免許運転とは》
無免許運転については、道路交通法で禁止されています。
道路交通法の第64条では、「何人も、第八十四条第一項の規定による公安委員会の運転免許を受けないで(中略)、自動車又は原動機付自転車を運転してはならない。」と定められています。
なお、AT限定免許しか取得していないにも関わらず、MT車を運転した場合には、無免許運転ではなく、免許条件違反となります。
また、免許を取得しているにもかかわらず、免許を忘れて運転してしまった場合には、無免許運転ではなく、免許不携帯となります。

審判不開始とは》
少年事件の場合には、原則すべての事件が家庭裁判所に送致されます。
家庭裁判所では、少年や少年の保護者に対して、調査官が調査を行います。
そこで、少年や少年の保護者から十分話を聴き、非行の内容や動機や少年の性格、環境の問題点などを丁寧に調べます。
その調査の過程で、少年に対して、指導や教育的な働きかけが十分に行われていると判断された場合には、審判不開始を獲得できる場合があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県美方郡新温泉町無免許運転事件逮捕されてお困りの方、審判不開始にしてほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県美方警察署までの初回接見費用:弊所にお問合せ下さい)