兵庫県美方郡香美町の強制わいせつ事件で刑事事件専門の弁護士 起訴猶予処分とは?

2018-05-06

兵庫県美方郡香美町の強制わいせつ事件で刑事事件専門の弁護士 起訴猶予処分とは?

兵庫県美方郡香美町の自宅に未成年者を招いた際に、無理やりキスしたとしてAさんは強制わいせつの容疑で兵庫県美方警察署に在宅で捜査を受けていました。
Aさんは、刑事事件専門の弁護士に刑事弁護を依頼し、起訴猶予処分となりました。
(フィクションです)

起訴猶予処分とは?】
あなたが何らかの犯罪を犯した場合、あなたは刑事事件の被疑者として刑事手続に従って処分が決定されることになります。
公訴を提起するか否か、つまり、被疑者を裁判にかけるかどうかを判断する権限を有しているのは検察官です。
検察官が証拠や様々な事情を考慮・検討して起訴するか起訴しないかを決定します。
検察官があなたを起訴すると決定した場合、あなたは被告人として裁判を受けることになります。
日本における有罪率は99.9%と言われており、一度起訴されると有罪となる可能性が高いと言えるでしょう。
罰金刑や執行猶予となった場合には実刑を回避することが出来ますが、有罪となれば前科が付くことになります。
しかし、検察官はすべての事件を起訴するわけではありません。
検察官は起訴しないとする決定を下すことが出来ます。(「不起訴処分」)
不起訴処分には、①罪とならず、②嫌疑なし、③嫌疑不十分、④起訴猶予の種類があります。
不起訴となる場合の多くが、「起訴猶予」です。
起訴猶予は、被疑者が犯罪を犯したという証拠が十分あり起訴することも可能であるが、被疑者の性格・年齢・境遇、犯罪の軽重・情状、犯罪後の情況を考慮し、裁判官の裁量によって起訴する必要がないと判断され、不起訴となることです。
起訴猶予を獲得するためには、被疑者が反省していることや、被害者との示談が成立していることなどが重要なポイントとなります。
早い段階で弁護士に弁護を依頼することで、取調べに対する適切な対応方法についてアドバイスを受けることが出来、不利な供述をとられることを防ぐことにつながります。
また、性犯罪事件では、被害者が加害者と直接連絡をとるのが難しいことが多く、弁護士を通じて示談交渉を行うことが良いでしょう。
示談が成立することによって、被疑者の反省の態度を示すことにもなりますし、被害者との和解が成立しているとして被疑者にとって有利な材料にもなります。

強制わいせつ事件で被疑者となってしまった場合でも、早期に弁護士に刑事弁護を依頼することで、起訴猶予処分となる可能性を高めることができるでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門とする弁護士が多数所属しております。
まずは、フリーダイアル0120-631-881で無料法律相談をご予約下さい。