兵庫県西脇市の支払用カード電磁的記録供用事件で逮捕 試験観察獲得に強い少年事件専門の弁護士

2017-01-23

兵庫県西脇市の支払用カード電磁的記録供用事件で逮捕 試験観察獲得に強い少年事件専門の弁護士

兵庫県西脇市に住むAくん(18歳男子)は、ATMで偽造カードを使って現金60万円を引き出しました。
その後、Aくんは、支払用カード電磁的記録供用の容疑で、兵庫県西脇警察署逮捕されました。
Aくんの母は、法律事務所の少年事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

支払用カード電磁的記録供用罪とは】
不正に作られたクレジットカード等を、人の財産上の事務処理を誤らせる目的で、人の財産上の事務処理の用に供した場合、支払用カード電磁的記録供用罪が成立します。
支払用カードとは、クレジットカード(現金後払い)の他、プリペイドカード(現金先払い)、カード型の電子マネーを指します。
本事例では、支払用カード電磁的記録供用罪以外にも、窃盗罪等が成立する可能性があります。

試験観察とは】
家庭裁判所は、保護処分を決定するために必要があると認めるときは、決定をもって、相当の期間、少年を調査官の観察に付することができます。
この「相当の期間、家庭裁判所調査官の観察に付する」決定を試験観察と言います。
試験観察は、少年に対する終局処分を一定期間留保し、その期間の少年の行動等を調査官の観察に付するために行われる中間処分です。
試験観察の目的としては、「十分な調査を尽くさせるため」、「終局処分を一旦留保することで、観察期間中の少年に心理的な影響を与えて、更生を促すため」が挙げられます。
実際に、少年院送致が確実視されながら、試験観察によって、家庭や社会内での立ち直りのチャンスを与えられ、目も見張るような変化を遂げる少年もいます。
弁護士は、試験観察を獲得し、不処分や保護観察を目指します。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県西脇市支払用カード電磁的記録供用事件で逮捕されてお困りの方・試験観察を獲得してほしい方は弁護士までご相談ください。
兵庫県西脇警察署までの初回接見費用:弊所にお問い合わせください)