兵庫県西脇市の窃盗事件 控訴に強い刑事事件専門の弁護士

2017-02-14

兵庫県西脇市の窃盗事件 控訴に強い刑事事件専門の弁護士

兵庫県西脇市に住むAさん(30代女性)は、窃盗により、懲役6月の判決を受けました。
Aさんは、同種の前歴が3度あり、加えて、5年前に罰金20万円に、4年前に懲役1年執行猶予3年に処されました。
Aさんの夫は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ「控訴してほしい」と、相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

窃盗について】
他人の財物を窃取した場合、窃盗罪が成立し、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されます。
平成28年版犯罪白書によると、平成27年度の刑法犯の検挙人員の罪名別構成比は、窃盗が51.7%と最も高くなっています。
窃盗の認知件数の手口としては、平成27年度は、自転車盗が最も高く、次いで万引きとなっています。

控訴について】
控訴とは、第1審判決に対する高等裁判所の上訴を指します。
現行法では、第1審の審理の充実を図っており、集中的・緻密な審理を後に繰り返すことは妥当ではないとされています。
そこで、控訴を申し立てるためには、必ず、控訴理由を指摘することが必要です。
控訴理由には、「事実誤認」・「量刑不当」・「弁論終結後の事情」等が挙げられます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県西脇市窃盗事件で控訴してほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県西脇警察署までの初回接見費用:弊所にお問い合わせください)