兵庫県佐用郡佐用町の公契約関係競売等妨害事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2016-11-23

兵庫県佐用郡佐用町の公契約関係競売等妨害事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

兵庫県佐用郡佐用町に住むAさん(30代男性)は、B社のネットワークシステムを管理するエンジニアであることを利用し、入札関連の内部情報を不正取得して、入札活動に利用しました。
その後、Aさんは兵庫県佐用警察署公契約関係競売等妨害の容疑で逮捕されました。
Aさんの母は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

公契約関係競売等妨害とは】
偽計又は威力を用いて、公の競売又は入札で契約を締結するためのものの公正を害すべき行為をした場合には、公契約関係競売等妨害罪が成立し、3年以下の懲役若しくは250万円以下の罰金に処される、又はこれを併科される可能性があります。
また、公正な価格を害し又は不正な利益を得る目的で、談合した場合にも、公契約関係競売等妨害罪が成立します。
本事例のAさんの行為は、不正に内部情報を取得する偽計を用いて、入札の公正を害したと評価される可能性があります。
なお、実際に公正が害されなくとも、公正が害されるべき行為を行なえば、公契約関係競売等妨害罪が成立します。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県佐用郡佐用町公契約関係競売等妨害事件で逮捕されてしまい、お困りの方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県佐用警察署までの初回接見費用:49,440円)