兵庫県宍粟市の強姦事件で逮捕 不起訴獲得に強い刑事事件専門の弁護士

2017-01-22

兵庫県宍粟市の強姦事件で逮捕 不起訴獲得に強い刑事事件専門の弁護士

兵庫県宍粟市のAさん(30代男性)は、同僚のVさん(30代女性)を自宅に招き、「抵抗すると殺すぞ」と脅し、強姦しました。
Vさんが告訴したことで事件が発覚し、その後、Aさんは兵庫県宍粟警察署強姦の容疑で逮捕されました。
Aさんの妻は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
 (このお話はフィクションです。)

強姦罪とは》
暴行又は脅迫を用いて十三歳以上の女子を姦淫した場合、強姦罪が成立し、3年以上の有期懲役に処される可能性があります。
本事例では、AさんはVさんに対して、「抵抗すると殺すぞ」と発しており、脅迫を手段とし、強姦したと評価されます。

不起訴獲得のために》
現在、強姦罪は告訴がなければ公訴が提起できない親告罪ですので、本事例では、Vさんが行なった告訴が取り下げられた場合には、Aさんは不起訴処分となります。
前文で「現在」と書いたのは、強姦罪を含めた刑法改正が進められているためです。
刑法改正案は本通常国会で提出され、3月上旬の閣議で正式決定される見通しとなっています。
強姦罪の改正ポイントとしては、下記が挙げられます。
1「名称を強姦罪から、強制性交等罪に変更する」
2「加害者と被害者の性別を問わない(現在は、「女子」を姦淫した場合に強姦罪が成立する)」
3「強姦罪の法定刑を3年以上の有期懲役から5年以上の有期懲役へと引き上げ」
4「被害者の告訴がなくても加害者を起訴できる「非親告罪」とする」
以前は、起訴により、プライバシーの侵害等、被害者がかえって不利益をこうむる場合があるため、強姦罪は親告罪でした。
今後、刑法改正が行なわれ、非親告罪となった場合には、仮に告訴取り下げがなされても、正式な裁判が開かれる可能性が出てきます。
不起訴獲得のためには、早期に弁護士に相談することが大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県宍粟市強姦事件で逮捕されてしまいお困りの方・不起訴を獲得してほしい方は、弁護士までご相談ください。
 (兵庫県宍粟警察署までの初回接見費用:弊所にお問い合わせください)