兵庫県洲本市の強制執行妨害目的財産損壊事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2016-10-28

兵庫県洲本市の強制執行妨害目的財産損壊事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

兵庫県洲本市で会社を営むAさん(30代女性)は、会社名義の金融機関の口座から、アメリカにある金融機関の口座に約3億円を送金し、債権回収を妨害しました。
その後、Aさんは強制執行妨害目的財産損壊の容疑で、兵庫県洲本警察署逮捕されました。
Aさんの妹は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

強制執行妨害目的財産損壊罪とは】
強制執行を妨害する目的で、強制執行を受け、若しくは受けるべき財産を隠匿し、損壊し、若しくはその譲渡を仮装し、又は債務の負担を仮装した場合、強制執行妨害目的財産損壊罪が成立し、3年以下の懲役若しくは250万円以下の罰金に処される可能性があります。
ここで言う「強制執行」とは、民事執行法による強制執行または同法を準用する強制執行に限られます。
また、基本となる債権の存在が裁判上認定されることが必要です。
なお、強制執行妨害目的財産損壊罪が成立するにあたり、実際に強制執行が行われたか、または強制執行を実際に妨害したかは無関係です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県洲本市強制執行妨害目的財産損壊事件で逮捕されてしまった方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県洲本警察署までの初回接見費用はお電話でお問い合わせください)