【お客様の声】兵庫県内のストーカー規制法違反事件 略式起訴で実刑判決を回避

2017-06-20

【お客様の声】兵庫県内のストーカー規制法違反事件 略式起訴で実刑判決を回避

■事件概要
 ご依頼者様の息子様(40代、アルバイト、前科前歴等あり)が、風俗店の女性従業員に対して、複数回連続して電話をかけるストーカー行為をしたとして逮捕された事件。

■事件経過と弁護活動
 ご依頼者様は、警察が自宅に来たことにより、今回の事件のことをお知りになりました。突然のことで頭が真っ白になり不安に駆られたご依頼者様は、当事務所に法律相談で来所されました。法律相談では、担当弁護士がご依頼者様から事件についてお聞きしたうえで、刑事事件の流れや予想される処分について説明しました。ご依頼者様は、息子様の早期身柄解放を希望されるとともに、息子様が実刑になることを大変心配しておられました。
 依頼を受けた当事務所の弁護士は、直ぐに身柄解放活動及び被害者対応を開始しました。本件は、息子様が通う店の従業員女性に対して複数回連続して携帯電話で電話をかけていたものだったので、被害女性との接触の可能性が否定できないこと、そして携帯電話の通話履歴を精査する必要があったことなどから、早期の身柄解放が困難を極めることが予想されました。また、被害女性は今回の事件について相当お怒りのご様子で、警察を介しての弁護士からの連絡も一切受けてもらえない状況でした。
 一方、担当弁護士は、ご依頼者様の息子様との接見を頻繁に行い、警察及び検察による取調べ内容や今後の取調べの予定を聞いたうえで、息子様に取調べ対応について的確なアドバイスを行いました。また、息子様の勤務先とも連絡を取り合い、釈放後も引き続き勤務出来るよう釈放後の環境調整に尽力しました。
 このような粘り強い弁護活動により、勾留延長期間を短縮して担当検察官は略式起訴で本事件を終了させることとなり、息子様は即時釈放となりました。実刑を回避することが出来、息子様は気持ちを新たに前に向かって歩んでおられます。