兵庫県多可郡多可町のストーカー事件で逮捕 迅速に接見に赴く弁護士

2018-02-24

兵庫県多可郡多可町のストーカー事件で逮捕 迅速に接見に赴く弁護士

兵庫県多可郡多可町に住むAさんは、以前働いていた職場の同僚の女性に対してストーカー行為を行なったとして、兵庫県西脇警察署ストーカー行為規制法違反の疑いで逮捕されました。
逮捕の連絡を受けたAさんの家族は、警察から事件の詳細について何も教えてもらえず不安になり、刑事事件専門の弁護士接見を依頼しました。
(フィクションです)

逮捕直後の接見
家族や友人が刑事事件の被疑者として警察に逮捕されたら、誰もがすぐに会いに行きたいと思うものでしょう。
しかし、原則として、逮捕から勾留までは、弁護士しか被疑者と接見することは出来ません。
接見」というのは、弁護士逮捕・勾留されて刑事施設に身柄が拘束されている被疑者または被告人と面会し、書類や物の授受などを行うことです。
留置施設や拘置所で拘束されている被疑者や被告人は、外部との連絡が遮断されてしまい、身体的にも精神的に孤独な状態で捜査機関からの取調べを受けることになります。
この点、弁護士から、取調べ対応について適切なアドバイスを受けることで、その後の取調べを安心して受けることが出来ます。
また、逮捕から勾留までの間は、家族からの伝言を弁護士を通して伝えることが出来ますし、家族への伝言も承ることも出来ます。
勾留後、家族との面会が出来るようになっても、弁護士以外の方との面会には、時間が制限されていたり、立会人がいるため、事件の事や被疑者の真の主張や気持ちを上手く伝えられない可能性があります。
一方、弁護士は立会人なしで自由に面会することが出来ますし、夜間・休日を問わずいつでも接見することが出来ます。

逮捕直後に限らず、薬物事件や共犯事件の場合には、接見禁止がつくことがあり、この場合には、家族は面会することが出来ません。
弁護士であれば、接見禁止が付いている場合であっても、接見することが出来ます。

逮捕された後は、スピードが重要です。
逮捕されたらすぐに弁護士に取調べ対応に関するアドバイスや今後の流れについて丁寧に説明を受けることをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所です。
兵庫県多可郡多可町ストーカー事件で、ご家族が逮捕されてお困りであれば、今すぐ弊所にお問い合わせ下さい。
最短当日に、留置施設に赴き逮捕されたご家族と接見を行う「初回接見サービス」をご案内させていただきます。
まずは、フリーダイアル0120-631-881まで。
兵庫県西脇警察署までの初回接見費用:弊所までお問い合わせ下さい)