兵庫県高砂市の富くじ発売等事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2017-01-06

兵庫県高砂市の富くじ発売等事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

兵庫県高砂市のAさん(40代男性)は、無許可で宝くじを販売しました。
その後、Aさんは富くじ発売等の容疑で兵庫県高砂警察署逮捕されました。
Aさんの妻は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

富くじ発売等罪とは】
Aさんの行為は一体、何罪にあたるのでしょうか。
富くじを発売した者は、富くじ発売等罪が成立し、2年以下の懲役又は150万円以下の罰金に処されます。
なお、ここで言う「富くじ」とは、あらかじめ番号札を発売し,その後,抽選その他の偶然性を有する手段を用いて,購入者の間に不平等な利益の分配を行うものを指します。
また、富くじ発売の取次ぎをした場合には、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に、富くじを授受した場合には、20万円以下の罰金又は科料に処されます。
私たちが購入する宝くじは、地方自治体等の発売団体が、銀行等に対して、宝くじ券の作成・抽選発表の事務等の事務を委託し、銀行が売りさばきや当選金の支払いなどを別業者に委託する形態で成り立っています。
そのため、Aさんのように無許可で富くじ発売をした場合には、富くじ発売等罪にあたります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県高砂市富くじ発売等事件逮捕されてしまいお困りの方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県高砂警察署までの初回接見費用:40,200円)