兵庫県たつの市の傷害・監禁事件で起訴 被害者参加制度に詳しい刑事事件専門の弁護士

2017-01-13

兵庫県たつの市の傷害・監禁事件で起訴 被害者参加制度に詳しい刑事事件専門の弁護士

兵庫県たつの市のAさん(40代男性)は、路上ですれ違ったVさん(20代女性)を後ろから殴り、気絶させたのちに、車のトランクに入れました。
Aさんは兵庫県たつの警察署傷害・監禁の容疑で逮捕され、その後、起訴されました。
Aさんの妻は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

監禁罪とは】
不法に人を監禁した場合、監禁罪が成立し、3月以上7年以下の懲役に処される場合があります。
監禁」とは、人の身体を間接的(場所的)に拘束してその身体活動の自由を奪うこと、すなわち、人の一定の区画された場所から脱出することを不能または著しく困難にすることを指します。
監禁方法は、有形的・無形的いずれでもかまわないとされています。

被害者参加制度とは】
被害者参加制度とは、2007年の刑事訴訟法等の改正により、導入された制度です。
裁判所はいくつかの罪にかかる被告事件の被害者等若しくは当該被害者の法定代理人又はこれらの者から委託を受けた弁護士から、被告事件の手続きへの参加の申出があるときには、被告人又は弁護人の意見を聞き、犯罪の性質、被告人との関係その他の事情を考慮し、相当であると認める場合には、決定で、当該被害者等又は当該被害者の法定代理人の被告事件の手続きへの参加へを許すものとしています。
監禁事件も被害者参加制度の対象です。
被害者参加人は、公判期日に出席することができ、証人尋問、被告人質問、意見陳述をすることが認められています。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県たつの市傷害・監禁事件で起訴されてしまいお困りの方・被害者参加制度に詳しい弁護士をお探しの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
兵庫県たつの警察署までの初回接見費用:弊所にお問い合わせください)