【お客様の声】兵庫県内の盗撮事件 速やかな被害者対応で不起訴処分へ

2017-06-27

【お客様の声】兵庫県内の盗撮事件 速やかな被害者対応で不起訴処分へ

■事件概要
 ご依頼者様(40代、会社員、前科前歴等なし)が、居酒屋の女性店員のスカートの中をスマートフォンを使って盗撮した事件。

■事件経過と弁護活動
 ご依頼者様は、事件現場で盗撮行為が発覚し、店側からデータを削除するように言われ削除されていました。ご依頼者様名義のクレジットカードで支払いを済ませたため、身元が判明し、警察から呼び出しを受けておられました。呼び出しの連絡を受けて心配になったご依頼者様は、警察への出頭前に、取調べ対応について当事務所の弁護士に相談されました。法律相談では、担当弁護士が、ご依頼者様から事件について詳しく伺ったうえで、今後の手続きの流れや取調べ対応に関してアドバイスを致しました。また、被害者様に対する被害弁償や示談の結果により最終的な刑事処分の如何に影響する可能性についても丁寧にご依頼者様に説明しました。事件を穏便に解決することを希望されておられたご依頼者様は、当事務所の弁護士に本事件における刑事弁護活動を依頼されました。
 依頼後、担当弁護士は、速やかに被害者様との示談交渉に着手しました。まず、ご依頼者様の謝罪・反省の意を被害者様にしっかりとお伝えするために、弁護士はご依頼者様に対して謝罪文の作成を提案しました。被害者様に対しては、代理人であるお母様を通じて、ご依頼者様が大変反省しておられ、謝罪と被害弁償を行う意思があること、盗撮データの破棄や事件現場である居酒屋には一切近づかない誓約をお伝えしたうえで、示談に応じていただけるよう弁護士は丁重に交渉しました。その結果、被害者様との示談が成立し、当事者間では本件が解決することが出来ました。
 また、担当弁護士は、ご依頼者様が取り調べを受けるごとに、事前に取調べ対応に関する適切なアドバイスを行い、ご依頼者様の不安を取り除くよう努めました。迅速かつ適切な弁護活動を行うため、担当警察官や検察官とも綿密に連絡を取り、捜査の所在を確認しました。
 このような弁護活動により、本事件は不起訴処分で終了することとなりました。ご依頼者様は、今回の事件で自身の過ちを大変反省され、二度と同じ過ちを繰り返さないことを誓われ、元の生活に戻られています。