兵庫県養父市のDV事件で逮捕 刑事事件に精通する弁護士

2017-09-01

兵庫県養父市のDV事件で逮捕 刑事事件に精通する弁護士

兵庫県養父市に住むAさんは、妻に日常的に暴力を振るっていたとして兵庫県養父警察署の警察官に傷害の容疑で逮捕されました。
Aさんの妻が、警察にDVを受けていると被害届を出したことが事件の発端です。
心配するAさんの両親は、刑事事件に精通している弁護士を探しています。
(フィクションです)

DV事件】
DVとは、ドメスティックバイオレンスの略称で、一般に、同居関係にある配偶者や内縁関係の間で起こる家庭内暴力のことをいいます。
夫または妻の行為が、刑法やストーカー規制法などの刑罰法令に触れる場合は、処罰することができます。
DV事件で、夫(妻)が妻(夫)を殴って怪我をすれば、傷害罪になり、その結果、死に至れば傷害致死罪の責任を問われることになります。
怪我がない場合には、暴行罪となる可能性があります。
肉体的な暴行だけでなく、精神的な暴力によってPTSD(心的外傷後ストレス障害)の状態に至ったときは、傷害罪となります。
暴行罪の法定刑は、2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料です。
傷害罪の法定刑は、15年以下の懲役または50万円以下の罰金となり、傷害致死罪となると3年以上の有期懲役となっています。

このようなDV事件においては、怪我をさせた被害者に被害弁償を行い、示談することが重要となります。
示談を締結することができれば、不起訴になり前科を回避したり、より軽い処分を得ることが出来る可能性が高まります。
示談が難しい場合でも、事件自体がそれほど悪質ではないことを、被疑者・被告人に有利な証拠を提示することにより説得的に主張し、執行猶予付き判決を獲得できる可能性もあります。
以上のような弁護活動は、刑事事件を専門とする弁護士を通じて行うことをお勧め致します。
刑事事件に精通している弁護士は、その豊富な経験と知識に基づき、事件の特徴を把握したうえで、迅速かつ丁寧な弁護活動を行います。
また、刑事事件専門の弁護士は、被害者との示談交渉も数多く経験しており、粘り強く交渉を行うスキルを持っています。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門とする法律事務所です。
兵庫県養父市DV事件でご家族が逮捕されてお困りであれば、今すぐ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
(初回の法律相談:無料、兵庫県養父警察署までの初回接見費用:弊所までお問合せ下さい)