兵庫県養父市の強盗事件で逮捕 少年院回避に強い少年事件専門の弁護士

2017-02-26

兵庫県養父市の強盗事件で逮捕 少年院回避に強い少年事件専門の弁護士

兵庫県養父市のAくん(17歳少年)は、タクシーに乗り、運転手のVさん(50代男性)に対して、「金をよこせ」と脅し、現金10万円を奪いました。
その後、Aくんは強盗の容疑で兵庫県養父警察署逮捕されました。
Aくんの母は、法律事務所の少年事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

強盗罪とは】
暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した場合は、強盗罪が成立します。
強盗罪と類似した罪に恐喝罪があります。
恐喝罪は、人を恐喝して財物を交付させた場合に成立します。
強盗罪は、相手方の反抗を抑圧するにたりる程度の暴行・脅迫を用いることが必要ですが、恐喝罪は、相手方の反抗を抑圧するにたりない程度の暴行・脅迫を用いた場合でも成立する点で、異なります。
つまり、恐喝罪の方が強盗罪と比べて、暴行・脅迫の程度が軽いと言えます。

少年院回避に向けて】
本事例のような少年事件は、弁護士の活動の幅が広いと言えます。
例えば、本事例で、Aくんは強盗の容疑で逮捕されていますが、本当に少年の行為が強盗にあたるのか、検討することもできます。
他にも、少年院回避のために、少年本人の内省を深める活動・少年の家族や職場の環境調整・被害者の方への示談交渉など、弁護士としてやるべきことは多岐にわたります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県養父市強盗事件で逮捕されてしまいお困りの方・少年院回避を獲得してほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県養父警察署までの初回接見費用:弊所までお問合せ下さい)