兵庫県養父市の刑事事件で逮捕 職務強要事件に強い弁護士

2016-07-24

兵庫県養父市の刑事事件で逮捕 職務強要事件に強い弁護士

兵庫県養父市に住んでいる離婚調停中のAさん(30代女性)は、兵庫県養父市役所に勤めているVさん(40代女性)に対し、「離婚届を受理したら殺してやる」と告げました。
怖くなったVさんが兵庫県養父警察署に相談したことで事件が発覚し、兵庫県養父警察署はAさんを職務強要の容疑で逮捕しました。
Aさんの母親は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

職務強要罪とは》
本事例のように、公務員に対し、ある処分をさせないために脅迫した場合、職務強要罪が成立します。
公務執行妨害罪が、公務員が今まさに行なっている職務を妨害することを罰するのに対し、職務強要罪は、公務員が将来行おうとしている職務を妨害すること等を罰するために定められています。
なお、公務員に対して、脅迫や暴行を加えて、ある処分を無理やり行わせる・職を辞させるといった行動をとった場合も職務強要罪が成立する可能性があります。

逮捕された場合》
逮捕されてしまった場合にポイントの一つとなるのが「どれだけ早く弁護士に相談し、依頼するか」です。
刑事事件は、時間との勝負です。
逮捕されてすぐにご相談いただいた場合、弁護士は、接見による迅速な現状把握、被害者との示談、身柄解放のための意見書提出などを早期に行うことができ、釈放や不起訴の可能性は高くなります。
逮捕されてしまった方のご家族は、「どうしたらよいか」と一人で悩むより、まずは弁護士に相談しましょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が無料法律相談や接見サービス等を行います。
兵庫県養父市職務強要事件で逮捕されてしまった方は、ぜひ一度、弁護士までご相談ください。
兵庫県養父警察署までの初回接見費用:156,820円)