兵庫県養父市の窃盗事件で逮捕 略式罰金に強い刑事事件専門の弁護士

2017-01-31

兵庫県養父市の窃盗事件で逮捕 略式罰金に強い刑事事件専門の弁護士

兵庫県養父市のAさん(30代女性)は、スーパーで日用品数点(計1000円)を万引きし、現行犯逮捕されました。
Aさんは今回が初めての犯行ではなく、今まで2回、窃盗事件を起こしていました。
1度目は不起訴となりましたが、2度目は罰金刑を受けました。
Aさんの夫は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士に、「兵庫県養父警察署に接見に行ってほしい」と依頼しました。
(このお話はフィクションです。)

窃盗罪とは】
他人の財物を窃取した場合は、窃盗罪が成立し、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処される可能性があります。
窃取とは、聞きなれない単語ですが、「占有者の意思に反して、財物に対する占有者の占有を排除し、目的物を自己の占有に移すこと」を指します。

略式罰金獲得に向けて】
窃取した物の金額や行為態様等にもよりますが、窃盗事件の初犯の場合には、公判請求されるケースは多くありません。
本事例のAさんが窃盗事件を起こすのは3回目です。
被害弁償や示談がなされない場合・再犯の可能性があると見なされた場合等には、正式裁判となってしまう可能性も大いにあります。
そこで、正式裁判を回避し、略式罰金を獲得できるよう、弁護士が間に入り、被害回復や再犯防止のために活動していきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
兵庫県養父市窃盗事件で逮捕されてしまいお困りの方・略式罰金を獲得してほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県養父警察署までの初回接見費用:弊所までお問合せ下さい)