兵庫県養父市で逮捕 窃盗事件に強い刑事専門の弁護士

2016-11-02

兵庫県養父市で逮捕 窃盗事件に強い刑事専門の弁護士

Aさんは、兵庫県養父市のBさんの営むスーパーマーケットにおいて、食品や衣類など数十点を万引きしました。
その後、Aさんは、上記犯罪(窃盗)を理由に兵庫県警養父警察署の警察官に逮捕されました。
そして、現在起訴されています。
(この事例はフィクションです。)

Aさんは窃盗罪で逮捕されました(刑法第235条)。

窃盗罪とは、他人の財物を窃取した場合に成立する犯罪です。
Aさんは、Bさんの営むスーパーマーケットの財物である食品や衣類など数十点を持ち出しているので、他人の財物を窃取したといえ、窃盗罪が成立します。

窃盗罪を犯した者は、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。
Aの弁護人としては、刑を軽くするため弁護活動を行います。
具体的には、被害者との間で被害弁償や示談を行ったり、裁判後の更生環境を整えたりします。
このような事情を主張をすることで、刑を軽くすることができる可能性があります。
また、このような主張の結果、懲役刑の場合であっても3年以内とすることできれば、執行猶予を獲得することができ、Aさんは、身柄拘束を避けることができます。

しかし、このような事情も裁判上適切に主張しなければなりません。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事専門であり、情状弁護も数多く承ってきました。
兵庫県養父市窃盗罪で逮捕されお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までお問い合わせください。
兵庫県警養父警察署での初回接見費用はお電話でご確認ください)