【お客様の声】兵庫県内の住居侵入事件 示談を取りまとめ不起訴処分を獲得

2017-06-26

【お客様の声】兵庫県内の住居侵入事件 示談を取りまとめ不起訴処分を獲得

■事件概要
 ご依頼者様の息子様(20代、会社員、前科前歴等なし)が、隣家に住む女性の部屋を覗き見る目的で、女性宅のベランダに侵入したとして現行犯逮捕された事件。

■事件経過と弁護活動
 ご依頼者様は、息子様が帰宅時間になっても帰ってこないことを不安に思い、警察署に問い合わせたところ、息子様が逮捕されたという事実が発覚しました。心配になったご依頼者様は、当事務所の初回接見を依頼されました。
 初回接見では、息子様が興味本位で隣人宅を覗こうと、ベランダに入った際に、隣人に見つかり取り押さえられていたことが分かりました。同じ団地の隣人宅ベランダに侵入したということで、被害者である隣人の方に対する適切な対応が急務であることを確認した弁護士は、その旨をご依頼者様に説明しました。ご依頼者様も、すぐにでも被害者様に謝罪・被害弁償を行うことを希望されており、本事件における示談交渉を含む刑事弁護活動を当事務所の弁護士に正式に依頼されました。
 示談交渉においては、被害者様やそのご家族の要望もあり、被疑者である息子様本人からの謝罪をする場を設けました。その際には、本人に謝罪の仕方や真摯な反省を促したうえで、また、トラブルにならないように弁護士が立ち会って執り行いました。その後、担当弁護士は、被害者様はご依頼者様の隣人であることを考慮し、被疑者である息子様と被害者様との接触を避ける手段についてご依頼者様と慎重に検討しました。そのうえで、被害者様には、息子様が事件現場である住居から引っ越すことにより今後の接触がない旨を誓約し、示談に応じていただけるよう丁寧に交渉を行いました。その結果、被害者様との示談が成立し、宥恕条項付きの示談書を締結することが出来ました。
 被害者様との示談成立を受けて、担当検察官は本事件を不起訴処分として終了させ、ご依頼者様の息子様は即日釈放されることとなりました。