兵庫県姫路市網干区の刑事事件で逮捕 特別背任罪に強い弁護士

2016-07-06

兵庫県姫路市網干区の刑事事件で逮捕 特別背任罪に強い弁護士

兵庫県姫路市網干区在住のAさんは、同市に本店を置くB社の取締役をしていました。
AさんはB社の資金を私的な旅行や美術品の購入資金に流用していました。
内部通報によりそのことが発覚し、Aさんは特別背任罪の容疑で兵庫県警網干警察署逮捕されてしまいました。
Aさんは刑事事件に強い弁護士に弁護を依頼することにしました。
(フィクションです)

特別背任罪

ニュースなどで「会社役員が○○万円を横領した」といったことを聞く方も多いと思います。
今日はそんな事件に関するお話です。
会社のお金を勝手に使ってしまった場合、「横領」という言葉が使われることが多いです。
確かに、横領罪という犯罪もあります。
しかし、今回のように取締役等が会社のお金を使い込んだ場合は特別背任罪となります。

では、タイトルの特別背任罪とは何でしょうか。
普通の背任罪は刑法の中に規定されています。
しかし、特別背任罪は会社法の中に規定さています。
背任罪の法定刑は5年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。
一方で、特別背任罪の法定刑は10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金又は併科です。
普通の背任罪よりもかなり重くなっているのです。
取締役や監査役が背任行為をした場合、より重く処罰されることになるのです。

このように、重く処罰される可能性のある事件は弁護士の中でも刑事事件専門の弁護士に依頼するのがよいのではないでしょうか。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の法律事務所です。
横領事件、背任事件も解決に導いてきた実績があります。
警察や検察官との交渉、また被害会社との交渉もお任せください。
被害弁償や被害届の取下げ、不起訴処分の獲得や保釈活動など、場面に応じて適切かつ迅速に活動いたします。
専門の弁護士が最善を尽くして弁護活動をさせていただきます。
特別背任事件でお困りの方は、すぐに弊所までご相談ください。
また、すでに逮捕されている場合は初回接見サービスもご利用ください。
弁護士が直接出向き、法的アドバイスをさせていただきます。
兵庫県警網干警察署 初回接見費用:4万5160円)