神戸市兵庫区の強盗強姦事件で逮捕 長期実刑回避の刑事事件専門の弁護士

2016-12-14

神戸市兵庫区の強盗強姦事件で逮捕 長期実刑回避の刑事事件専門の弁護士

Aさん(20代男性)は、神戸市兵庫区にあるVさん宅に忍び込み、「大人しくしろ」と刃物をちらつかせて姦淫したのちに、現金10万円を奪って逃げました。
その後、Aさんは、強盗強姦罪の容疑で兵庫県兵庫警察署に逮捕されました。
Aさんの母は、法律事務所の刑事事件を専門に扱っている弁護士のもとへ相談に行きました。
(このお話はフィクションです。)

強盗強姦とは】
暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した者が、女子を強姦した場合には、強盗強姦罪が成立し、無期又は7年以上の懲役に処されます。
強盗強姦罪は、強盗の犯人が強盗の機会に強姦を犯す危険が多く、これを防止する必要があるとして設立されました。
強盗強姦罪は行為の悪質性を鑑みて、特に重く処罰されており、無期懲役の規定があることから、裁判員裁判の対象でもあります。
また、本事例では、Aさんは理由なくVさん宅に侵入しているので、住居侵入罪も成立します。

長期実刑回避について】
本事例のような強盗強姦罪という重い罪であっても、長期実刑回避のために、いくつかのポイントがあります。
・被害回復がなされたか(被害者の方へ示談や被害弁償が行われたか等)
・被疑者の年齢・性格(若年であるか、家庭環境に問題がないか等)
・前科前歴がないか
・真摯な反省が見られるか
・更生の可能性があるか(身元引受人がいるか、更生の意欲があるか等)
早期から弁護士に依頼した場合、被疑者がどのような状況か・今後どうしていくつもりか、事情を説明し、長期実刑回避のために活動することが可能です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が接見サービスや無料法律相談等の様々な活動を行います。
神戸市兵庫区強盗強姦事件で逮捕されてしまい、お困りの方、長期実刑回避してほしい方は、弁護士までご相談ください。
兵庫県兵庫警察署までの初回接見費用:35,100円)